viewイベントとは

  • 「Webサイトのページ」や「アプリの画面」の閲覧を開始した際に発生するイベントです
  • 閲覧対象(ページ/画面情報)や閲覧環境(ブラウザ情報、端末情報など)に関する情報が含まれます
  • Webサイトの場合は、PV(Page View)に対応します

発生するタイミング

一般的なWebサイトの場合

  • 計測タグが設置されたページが読み込まれたタイミングで、自動で発生します

SPAの場合

  • SPA内でページの読み込みが発生しないような画面遷移時には、viewイベントを発火するタグの設定が追加で必要になります
    • 正しく実装されれば、ブラウザのページ読み込み有無に関わらず、画面遷移時にviewイベントが発生します

参考: SPAサイトへの導入方法 | KARTEサポートサイト

ネイティブアプリの場合

  • 画面遷移時にviewイベントを発生するためのSDK組み込み実装が必要になります
    • 正しく実装されれば、画面遷移時にviewイベントが発生します

含まれる情報

Webサイトの場合

  • ページ情報をKARTEの計測タグが自動で計測します
  • 自動で計測される情報については、イベントリファレンスをご覧ください

ネイティブアプリの場合

  • 以下の2種類のデータがあります
    • SDKがデフォルトで送るデータ
    • 各社で定義して送るデータ
  • SDKがデフォルトで送るデータについては、イベントリファレンスをご覧ください
  • 各社で定義して送るデータについては、KARTEのSDKをアプリに組み込んだエンジニアの方にご確認ください