イベントの性質

KARTEの基礎を理解する上で、まずはKARTEの「イベント」について理解する必要があります。
「イベント」とは、KARTEで取り扱われるデータの最小単位で、必ず特定の顧客に紐づくという特性を持っています。

例えば、KARTEの利用を開始すると「計測タグ」をサイト上に設置しますが、
このタグが設置されたサイトにお客様が訪れると、閲覧を表す「viewイベント」がKARTEに自動的に送信されます。

閲覧イベント以外に、KARTEでよく利用される代表的なイベントは下記のようなものがあります。

イベント名 イベントの説明
閲覧イベント(viewイベント) ユーザーのページ閲覧を表す。計測タグを設置すると自動的に発生します。
購入イベント(buyイベント) 何かを購入したという情報を表す。コンバージョンタグを設置して発生させます。
ユーザー情報イベント(identifyイベント) 名前や会員属性など、顧客情報を表す。ユーザータグを設置して発生させます。
・・・

これも全てイベントですが、基本的に顧客の行動や属性を意味するデータを表しています。

このように、KARTEは顧客の行動・属性をすべて「イベント」として捉え、ユーザー単位で整理、閲覧、分析できる機能を提供しています。

イベントの構造・型

イベントは「名前付きのデータ」のような構造になっていて、名前もデータ内容自体も自由に設定することができます。(これをスキーマレスな構造と呼んでいます)

identifyイベントの例

{
    name: 'テスト太郎',
    age: 32,
    is_gold_member: true
}

このように、イベント名(identify)に対して、nameテスト太郎であること、age32であること、
is_gold_membertrueであることが確認できます。

より詳細にイベントの仕様を理解したい場合は、KARTE Developer Portal - イベントを理解するをお読みください。

イベントを送信する

KARTEにイベントを送信する方法は大きく分けて3つあります。
それぞれの送信方法についてはリンク先のドキュメントをご確認ください。

発生したイベントを確認する

発生したイベントは、ユーザーの「ストーリー画面」または、プロジェクトで発生したイベントの管理画面「イベント画面」で確認することが可能です。