各イベントは、イベント名だけではなく、そのイベントに関連する値を連携するためのフィールドを持つことができます。また各フィールドには、どのような性質のデータを連携するのかを定める「データ型」が、イベント送信時に設定されます。

例) identifyイベントの各フィールドの推奨データ型

次の表は、ユーザー情報(identify)イベントで連携が推奨されているフィールドの一部です。どのデータ型で送った方がよいかが、フィールド毎に指定されています。

フィールド名 概要 サンプル値 推奨データ型
user_id 会員ID "user001" 文字列型
age 年齢 42 数値型
subscription メルマガ登録有無 true, false 真偽値型
create_date 会員登録日 new Date("2020/6/19 12:46:04") 日付型

データ型の種類

基本のデータ型

データ型 サンプル値 主な特徴 関連リンク
文字列型 "user001" 「直近30件」などを参照できたり、部分一致などの文字列比較ができるようになります -
数値型 42 「総計値」や「最大値」などを参照できたり、数値の大小比較ができるようになります -
真偽値型 true, false 送信する値を二値に限定できます -
日付型 new Date("2020/6/19 12:46:04") 「平均間隔」を参照できたり、時間的な相対・絶対比較ができるようになります 詳細

特殊なデータ型

次のように、特殊なデータをフィールド値として連携することも可能です。

  • 基本データ型の配列
      • tracker.track('test', { str_array: ['a', 'b', 'c'] })
      • tracker.track('test', { num_array: [1, 2, 3] })
  • オブジェクト
      • tracker.track('test', { str_object: {foo: 'bar'} })
  • オブジェクトの配列
      • tracker.track('test', { obj_array: [ {foo: 'bar'}, {foo: 'baz'} ] })

ただし、イベントの統計値での利用のされ方が特殊になります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

イベントの統計値 | KARTEサポートサイト

備考

  • あるイベントのフィールド値をnullundefinedで連携した場合、そのフィールドは無視され、フィールド自体を連携しなかったのと同じ扱いになります