KARTEでは、イベントのフィールドとして「日付型」と呼ばれるデータ型のデータを連携することができます。

null

参考: イベントフィールドのデータ型 | スタートガイド / KARTE基礎知識・仕様 / イベントの仕様 | KARTEサポートサイト

日付型で連携するメリット

  • セグメントの条件等に使う場合、相対時間指定や絶対時間指定による比較をすることができます

日付型データの連携方法

フィールド名

末尾が _date になるように設定してください

    • create_date
    • signup_date

フィールド値

  • 連携した日時に対応した、次のいずれかの形式のデータを設定してください
    • JavaScriptのDateオブジェクト
        • new Date("2015-03-25T12:00:00")
    • UNIX timeを表す数値(10桁の秒数単位)
        • 1490090864

注意点

UNIX timeで連携する場合、「文字列型」ではなく「数値型」で連携してください

  • 悪い例
    • 文字列型で連携してしまっている
      null

KARTE内では日付型データはUNIX timeを表す数値として管理されています

  • 特にユーザー情報変数から参照しアクション内のJavaScript利用する場合、UNIX timeを表す数値からJavaScriptのDateオブジェクト等に変換して利用してください