アプリが管理するWebView内に表示した接客やWebView連携で問題が発生する場合は、以下の手順で確認を行ってください。

WebView内の接客の問題

  1. 接客に指定したURLスキームで同WebView内の別Webページに遷移できない 詳細
  2. WebView上で「ネイティブアプリにおける接客表示制限」が動作しない 詳細

WebView連携の問題

WebView連携で問題が発生する場合は、以下の手順で確認を行ってください。

  1. Safariアプリでアクセスした際の _sourcenative_app_webview になる 詳細

接客に指定したURLスキームで同WebView内の別Webページに遷移できない

WebView上でポップアップ等の接客サービスを出し別リンクを開かせるときに、WebView内で遷移させたい(ブラウザアプリ等で開かれないようにしたい)というケースがあります。

これを実現するためには、接客設定画面のリンク設定でカスタムURLスキームを設定するだけでは正しく遷移しません。別途プラットフォーム毎にWebView内リンクをタップした際の実装が必要となります。

WebView上に表示した接客で「ネイティブアプリにおける接客表示制限」が動作しない

「ネイティブアプリにおける接客表示制限」はWebView内で発生したviewイベントでは動作しません。
詳細はネイティブアプリにおける接客表示制御とはを参考ください。

Safariアプリでアクセスした際の _sourcenative_app_webview になる

本来Safariからのサイトアクセスで _sourceweb となりますが、WebView連携中のアプリ内における以下操作により native_app_webview で計測されることがあります。

  • 連携パラメータつきのリンクをアプリから「Safariで開く」などで開く
  • SFSafariViewController で連携パラメータが保存された cookie を Safari と共有する

これらが原因で _source_native_app_webview として計測されている場合は次の対応のいずれかを行ってください。

  • アプリで連携パラメータつきのリンクを開く実装があれば修正する
  • クエリパラメータでの連携ではなくユーザースクリプトによる連携を利用する

ユーザースクリプトによる連携の詳細については WebView内の行動をトラッキングする - ユーザースクリプトを利用した紐付けの実装方法を参照ください