KARTE管理画面の動作環境

ブラウザ
KARTE管理画面はChrome環境(PC向けの最新版)でのご利用をお願いします。

通信

OS
管理画面を閲覧するOSについては、上記の環境が問題なく動作するものであれば問いません。

その他

ユーザーの環境

サイトを閲覧しているユーザーの計測について、動作確認を完了している環境は以下になります。
こちらの環境以外からのアクセスについては、基本的には計測タグによるトラッキングが行われません。

対応ブラウザCSSの互換性等で、KARTEの接客サービスの質を保証できない古いOS・ブラウザについては対象外とさせていただいています。

環境 対応OS 対応ブラウザ
PC(Web) - Windows 7 以降
- MacOS 10.9 以降
- Google Chrome
- Firefox
- Safari 8.0 以降
ただし、Windows版 Safariは計測除外しています。
- Internet Explorer 11 以降
X-UA-Compatible等でIE10以下が指定されたページは、IE11以上での閲覧時も対象外となります。またウェブv2タグはIEの計測が行えません。
- Microsoft Edge 17 以降
スマートフォン(Web) - iOS 8 以降
- Android 4.4 以降
- Google Chrome
- Safari 8.0以降
- Microsoft Edge
レンダリングエンジンがChromiumに変更される以前のバージョンについては一部機能が動作しない可能性があります。

※ Androidの標準ブラウザについては、機種によって仕様が異なるため、動作保証対象外となります。
機種によっては動作するものもございます。
※ Liveの対応ブラウザ・環境は上記と一部異なるため KARTE Live|対応ブラウザ・環境 をご確認ください。
KARTE for App(Native SDK) 後述する「KARTE for App(Native SDK) 対応OS」をご参照ください。 - Google Chrome
- Safari 8.0以降
- Microsoft Edge
レンダリングエンジンがChromiumに変更される以前のバージョンについては一部機能が動作しない可能性があります

※ Androidの標準ブラウザについては、機種によって仕様が異なるため、動作保証対象外となります。
機種によっては動作するものもございます。

KARTE for App(Native SDK) 対応OS

  • iOS
    動作対象:iOS 10.0 以上(iPad OS含む) ※1 ※2
    開発環境:Xcode 12.0 以上
  • Android
    動作対象:Android 5.0 以上 ※3
    開発環境:Android Studio 3.5 以上、Android Gradle Plugin 3.5.0 以上

※1 iPad OS のマルチウィンドウ機能はサポートしておりません。
マルチウィンドウ下でも動作はしますがアプリ内メッセージは一方のウィンドウでのみ表示されます。
※2 Google Play Storeがない端末等の場合、一部機能が制限される可能性があります。

実装方法や技術仕様、サポートポリシーは下記ページをご確認ください。

導入先サイト/アプリの環境

環境
HTML/XHTML - HTML:4.0、4.01、5.0、5.1
- XHTML:動作保証対象外

なお、XHTMLのサイトにおいても計測は問題なく行われますが、一部の配信が行われない場合がございます。
また、配信テンプレートの中にはHTMLを前提として作成されているものも多くございます。
XHTMLのサイトにおいてご利用される場合には、記法等にご注意の上、お客様の責任においてご利用ください。
SPAサイト SPA(Single Page Application)で構築されたサイトに導入する場合は SPAサイトにおける特別な計測タグ設置手順について に従って導入してください。
アプリ内WebView 後述する「アプリ内WebView」をご参照ください。

アプリ内WebView

  • 対応種類

    • iOS 10.0 以降のWKWebView ※1
      iPad OS のマルチウィンドウ機能はサポートしておりません(マルチウィンドウ下でも動作はしますがアプリ内メッセージは常に一方のウィンドウで表示されます)
    • Android 5.0 以降のandroid.webkit.WebView

    ※1 サードパーティ製アプリの場合、上記OSバージョンのwebviewにおいても保証対象外となります。動作するものもありますが、動作しないものもございます。

  • 対応外の種類について
    対応種類以外(UIWebView等)については動作保証対象外となります。動作するものもありますが、対応種類でのご利用を推奨しています。

  • 設定

    • JavaScriptを有効にする必要があります。
    • 接客の内容によっては、localStorageを有効にする必要があります。

User Agentのカスタマイズについて

UserAgent をカスタマイズする場合は、基本的には デフォルトUserAgent + カスタム文字列 という構成にしていただくことを推奨しております。

例: Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Mobile/12B411 Safari ShoesKarteApp/5.2.1

上記以外の形式については、KARTEのNative App SDKの実装により対応できる機能を提供しています。
詳しくは UserAgentをカスタマイズすることによる影響はありますか? をご参照ください。

その他の方法でUser Agentがカスタマイズされている場合の計測やアクションの配信については、KARTEのサポート対象外となります。
実際に計測タグが動作している場合でも、実装の変更により計測されなくなる場合があります。