現在開発中の機能のため、今後仕様が変更になる可能性があります

概要

KARTE Messageの「プロジェクトレポート」「キャンペーンレポート」のコンバージョン分析において、「Datahub」上の特定テーブル内のコンバージョンデータを元にした指標の表示 が可能になりました。

各コンバージョン指標の定義については、以下のドキュメントをご参考ください

プロジェクトレポートの指標の定義
キャンペーンレポートの指標の定義

利用の準備・利用方法

1. コンバージョンデータ保存用の「データセット」を作成

KARTE Datahub上で、新たに「レポートのコンバージョンデータを保存するデータセット」 を作成してください。

null

なお、ここで作成したデータセットには、Messageのレポートで利用するデータ以外を保存しないように注意してください。

2. Messageのサポート担当に利用を申請

上記で作成したデータセット名を、Messageのサポート担当に連絡、利用を申請してください。
担当が該当のデータセットを、レポートから参照可能にするような処理を行います。

3. コンバージョンデータをデータセットに保存

以下のフォーマットに沿って、コンバージョンデータを作成、テーブルとして保存してください。
作成するコンバージョンデータのサンプルは以下のとおりです。

cv data sample

コンバージョンデータを保存するテーブルのスキーマ

フィールド名 説明
user_id String 購入した顧客のID。Messageで利用しているuser_idとフォーマットが一致している必要あり
cv_date Timestamp 購入日時。UTCのTimestamp
transaction_id String 購入ID
revenue Integer 購入金額
cv_items Array<STRUCT> 購入した商品情報。構造体内の詳細は以下

cv_itemsのスキーマ

cv_itemsフィールドには、以下のようなJsonデータを array<struct> 形式で保存してください。

[
  { "item_id": "xxx", "price": 100, "quantity": 1, "name": "XXXXX" },
  { "item_id": "yyy", "price": 200, "quantity": 2, "name": "YYYYYYYY" }
]
フィールド名 説明
item_id String 商品ID
price Integer 商品価格
quantity Integer 購入点数
name String 商品名

null

4. レポートでコンバージョンデータセットを指定

作成したデータテーブルの「データセットのパス」を、レポートの変数における 「CVデータ」 にセットしてください。

null

データセットのパスは、{{プロジェクトID}}.{{データセットID}}.{{テーブルID}}で指定でき、以下の方法で取得するのが簡単です。

null

注意点

  • CVデータに値がデータセットのパスがセットされると、CVイベントよりも優先して分析が行われます