マルチドメインオプションでできること

マルチドメインオプションをご導入いただくと、異なるドメイン間で計測されるユーザー情報を統合し、一意のユーザーとして計測・接客すること(同じユーザーとして扱うこと)が可能となります。
マルチドメインオプションは、有償のオプション機能です。
ご利用を希望される場合は、下記の「導入の流れ」「ご注意点」を確認の上、営業担当にご連絡ください。

利用の流れ

1.マルチドメインのカスタマイズ項目をONにする

  • グローバルナビゲーション > アカウント画像 > 現在のプロジェクト > タグ設定をクリックします
    null

  • マルチドメインモードを選択し、タグの発行を押します
    null

2.計測タグの設置

  • 表示された計測タグをコピーし、サイトに貼り付けます。計測したい全てのページに設置してください。

ご注意点

ITP(Intelligent Tracking Prevention)が有効になったSafariは、マルチドメインオプションによるクロスドメインでのユーザ統合機能の対象外となります。
ITPとは、クロスドメインでのユーザ追跡を制限するSafariの新機能です。
ITPは、ドメインを跨いだユーザの追跡を目的としたサービスを検出し、ユーザデータ取得に制限をかけます。
ITPは現在開発中の機能とされているため、仕様が変更される可能性がございます。

なお、この条件であっても、各ドメイン単位での行動分析は正常に行われます。

よくあるお問い合わせ

ご質問
通常の計測タグ設置後、マルチドメインタグに変更した場合、通常の計測タグで計測していた過去のユーザー(ビジター)の情報は引き継がれますか?
回答
引き継がれます。
マルチドメイン用タグを使用した場合、ビジター用のID(visitor_id)が従来の1st party cookieから3rd party cookieに変更されます。
このタイミングで過去の1st party cookieのIDのユーザー情報が3rd party cookieのユーザー情報に統合されます。

ご質問
サイトの片方のドメインでだけマルチドメインタグを設置した場合、ユーザーはマージされますか?
回答
一部だけマルチドメインタグを設置した場合、そのドメインでだけ3rd party cookie管理されるので、両ドメインでマルチドメインタグにしていただかなければ、ユーザーの統合はされません。