このテンプレートを接客サービスで配信することで、ユーザーがページ上の任意の要素をクリックした際にイベントを送信する事ができるようになります。

こちらのテンプレートは、ポップアップやチャット、アンケートのようにユーザーの目に触れるようなアクションではなく、裏側でスクリプトを配信する形になっています。
そのため、その他の接客サービスと一緒に配信するような指定になっていたとしても重複して表示されることはございません。

利用するテンプレート

テンプレートの「スクリプト」に保存されている「指定要素(リンク以外)をクリックした際に別の要素の値と合わせてイベント送信」のテンプレートを選択します。

機能について

概要

ユーザがページ上の指定の要素をクリックした際に、指定したイベント名のイベントをKARTEに送信する特定の入力項目と共に配信することのできる機能です。

設定項目

  • クリック要素のcssセレクタ(必須)
    クリック対象の要素のCSSセレクタ名を記載してください。
    class名を指定する場合は「.」を、id名を指定する場合は「#」を前につけます。
    設定できる要素は一つのみです。
    複数の要素が抽出される条件などに気をつけてください。
    例: button .save

  • 値を取得する要素のcssセレクタ(必須)
    値を取得したいinput要素のCSSセレクタ名を記載してください。
    クリック要素のCSSセレクタと同様の設定できる要素は一つのみです。
    例: input .memo

  • 送信するイベント名(必須)
    送信されるイベント名を指定します。取得したいアクションに応じた値を指定しましょう。

送信されるイベントの形式

  • 入力値が取得できない場合
    tracker.track("イベント名");'
  • 入力値が取得できた場合
    tracker.track("イベント名", { "value": 入力値 });'

設定例とイベントの発生例

**ユーザがページ上のメモを保存した場合にそのメモの内容をイベントとして送信したい**
という場面を元に実例を記載しています。

<input id="memo">
<button id="save-button">保存</button>

設定例

  • クリック要素のcssセレクタ : #memo
  • 値を取得する要素のcssセレクタ : #save-button
  • 送信するイベント名 : save_memo

送信されるイベント

tracker.track("save_memo", {"value" : ${入力内容}})

イベントが取得されているか確認する

接客サービス作成後、テスト配信又はKARTE Action Viewerを利用しサイトで確認から指定要素クリック後に指定のイベント名で取得できているか確認してください。

この接客サービスの利用ポイント

この接客サービスは、

  • XXXXのクーポンコードを適用した
  • ページ遷移の伴わない検索処理をした
  • メモなどを保存した

など、ページ遷移以外のユーザーアクションを入力情報と共に取得可能です。

類似するの接客サービスのテンプレートとして、以下のようなものもあります。
必要に応じてご利用ください。