KARTE Messageでメールの配信を利用開始する際に必要な初期設定について説明します。
大きく以下の2点の設定が必要です。

  1. 利用ドメインの登録
  2. プロファイルの設定

利用ドメインの登録

KARTE Message からメールを送信する際のメールアドレスに含まれるドメインについて設定する必要があります。
以下のCNAME・SPFレコードは必ず設定する必要があり、この設定が正しい状態でないとメールを送信することができません

現状、すでに送信に利用しているアドレス・ドメインでも、KARTE Messageからの送信を行うためには設定が必要となります。

1. [御社作業] プレイドの営業担当に「送信元メールアドレスに利用したいドメイン」を申告

test@xxxx.com というアドレスからメールを送信したい場合は「xxxx.com」が「ドメイン」となります。

2. [プレイド作業] KARTE Messageに「ドメイン」が登録され、CNAME設定が吐き出されます

管理画面上で確認できるCNAME設定情報の例:
Messageβ > 設定 > ドメイン からご確認ください
null

3. [御社作業] 作成された「CNAME設定情報」と、以下の「SPF設定情報」を、「御社ドメイン管理者」に共有して、DNS設定を依頼

DKIM設定(CNAME)情報

  • 上記管理画面より、「CNAME」のNameとValueのセットをコピーしてご利用ください

SPF設定情報

  • 該当のドメインにSPF設定がまだ存在しない場合
    • TXTレコードとして v=spf1 include:amazonses.com ~all を新規登録する
  • 該当のドメインにSPF設定がすでに存在している場合
    • 今あるTXTレコードに include:amazonses.com を追記する
    • (この追記によって増加するSPFレコードのLookup回数は1回のみです)
    • 例)v=spf1 include:example.com ~allv=spf1 include:example.com include:amazonses.com ~all

DMARC設定情報

  • DMARCはSPF/DKIMを補強する技術で、なりすましメールへの対処を定義することができます。参考
  • 対応ポリシーをご検討ください。最小構成は以下のとおりです。(何の対処もしない設定)
    • TXTレコード名:_dmarc.xxxx.com (xxxx.comは上記の登録ドメインを設定)
    • レコードの値:v=DMARC1; p=none;

4. [御社作業] DNS設定が完了したら、Message管理画面で「ドメインを検証」をクリック

null

5. SPF設定とCNAME設定の両方でステータスが「検証完了」になれば、ドメインの設定は完了です

null

トラブルシューティング

  • ステータスが「検証失敗」状態で、「ドメインの検証」をクリックしても反応がない
    • ドメインの検証期限が切れてしまっています。3点リーダーから、再検証ボタンをクリックしてください。
  • ステータスが「「保留中」」状態で、「ドメインの検証」をクリックしても反応がない
    • 「ドメインの検証」ボタンは成功したときにステータスが「検証完了」状態になります。DNS設定を行ったのに「保留中」のままだった場合は、DNS設定に何らか問題がある状態です。(なお、DNS設定が反映されるのには最大一時間程度時間がかかることがあります)
  • ドメインがムームードメインでドメインを管理されている
    • ムームードメインでドメインを管理されている場合、CNAMEレコードをそのままセットしても送信できない問題が確認されています。CNAME のname 部分を、「xxxxx._domainkey.example.com」から 「xxxxx._domainkey」に変更して(ドメイン部分を削除して)登録してください

プロファイルの設定

プロファイルは、メール施策を配信する際の「送信元アドレス」「送信元名」「返信先アドレス」を管理する設定となり、必須の設定となります。

以下の手順に沿って、設定をお願いします。
プロファイルを作成する

以上で、初期設定は完了です。

よくあるご質問

IPウォームアップは必要ですか?

Messageで管理された共有のIPをご利用頂くため、IPウォームアップの手順は基本的には不要です。