KARTE Messageを利用開始する際に必要な初期設定について説明します。
大きく以下の2点の設定が必要です。

  1. 利用ドメインの登録
  2. プロファイルの設定

利用ドメインの登録

KARTE Message からメールを送信する際のメールアドレスに含まれるドメインについて設定する必要があります。

  • サポート担当に送信元メールアドレスに利用したいドメインを申告し、登録を依頼

  • 作成されたCNAMEレコードと、以下のMXレコード・SPFレコード情報を、ドメインの管理者に共有・DNS設定依頼

    • CNAMEレコード
      null

    • MXレコード

      • 該当のドメインにMXレコードがまだ存在しない場合
        • MXレコードとして 10 feedback-smtp.ap-northeast-1.amazonses.com を新規登録する
      • 該当のドメインにMXレコードがすでに存在している場合
        • 設定変更の必要はありません。
    • SPFレコード

      • 該当のドメインにSPFレコードがまだ存在しない場合
        • TXTレコードとして v=spf1 include:amazonses.com ~all を新規登録する
      • 該当のドメインにSPFレコードがすでに存在している場合
        • 今あるSPFレコードに include:amazonses.com を追記する
        • 例)v=spf1 include:example.com ~allv=spf1 include:example.com include:amazonses.com ~all
  • DNS設定が完了したら、「ドメインを検証」をクリック

null

  • ステータスが「検証完了」になれば、ドメインの設定は完了です

null

プロファイルの設定

プロファイルは、メール施策を配信する際の「送信元アドレス」「送信元名」「返信先アドレス」を管理する設定となり、必須の設定となります。

なお、KARTE Messageの購読管理は、「プロファイル単位で管理」される形になります

  • メールアドレス (SES) > アドレス > 追加 から、プロファイルを作成

null

プロファイルの送信元アドレス・返信先アドレスは、Messageに登録されたドメインのアドレスである必要があります

以上で、初期設定は完了です