Gmailの「メール送信者のガイドライン」が改定され、2024年2月1日より、1日あたり、5,000通を超えるメールを送信する送信者に対し、対応要件が提示されました。

この対応が行われないと、程度は不明ですがGmailアドレスへの送信がバウンスしやすくなったり、迷惑メールに振り分けられる確率が高まります。

KARTE Messageからのメール送信に関して、殆どは既に対応済みの内容となりますが、追加で対応が必須の内容は以下の2点です。

ドメインへのDMARCレコードの追加

  • DMARCは、「DMARCポリシーを含むDNS TXTレコード」で、「なりすましメール」に対して「どの用に対処するか」(隔離する・拒否する)などを設定することができるものです。

  • DMARCは、複数のオプションがあるため、以下の記事を参考に設定内容をご検討ください

  • DMARCレコードの設定がなされているかどうかは、管理画面「設定 > ドメイン」から検証が可能です。
    null

なお、2024年2月1日移行、DMARCレコードがセットされていないドメインを利用してのメール送信は利用できない制限を追加予定です

one Click Unsubscribe対応

  • one click Unsubscribeは、Gmailではメールの件名横に表示される「メーリングリストの登録解除」というテキストから、すぐ購読停止できる仕組みです。

null

  • 2024年2月までに、Messageの購読管理は、one click unsubscribeの仕組みに対応し、送信されるメールには自動的に付与される予定です。お客様側で対応の必要はございません。
お客様独自の「購読管理」において、one click unsubscribeを利用したい場合は担当までご相談ください。

2023年12月12日追記

GoogleWorkspaceで本ガイドラインに関するFAQが更新され、ワンクリックでの購読解除について以下の追加説明が公開されていました。

https://support.google.com/a/answer/14229414#zippy=%2Cwhat-happens-when-sender-spam-rate-exceeds-the-maximum-spam-rate-allowed-by-the-guidelines%2Cdo-all-messages-require-one-click-unsubscribe

上記内の一部を抜粋して和訳すると、 「購読解除リンクを既にメール内に挿入している送信者」は、2024年6月1日までにワンクリック購読解除に対応してください とあります。

2024年の2月1日に向け、対応が必須と思われていたワンクリック購読解除ですが、2月時点の対応はメール内に購読管理リンクが存在していれば「必須ではない」可能性があります。

[推奨]Postmaster Tools の利用

Postmaster Toolsとは、Googleの提供する「Gmailユーザーへのメール送信におけるヘルスチェックツール」です。

今回の改定によって「報告される迷惑メール率の0.3%以下」というガイドラインが示されましたが、この状況を確認することができるようになります。

KARTE Messageとしては、外部サービスであるため「対応推奨」とさせていただいております。

参考:https://support.google.com/mail/answer/81126?hl=ja#spam-rate&zippy=%2C%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%80%81%E4%BF%A1%E8%80%85%E3%81%AE%E8%A6%81%E4%BB%B6