KARTE Messageに読み込ませることができる「送信先リスト」のデータについて、「取り込むことができるファイルのフォーマット」を説明します。

KARTE Messageに取り込むことができるファイル

  • CSVファイル

CSVのファイルフォーマット

  • 最大容量: 100MB 
  • レコード数・列数の制限: なし
  • ヘッダ行: 必須・ローマ字のみ  (日本語・マルチバイト文字不可)
  • 文字コード: utf-8 形式
  • 改行コード: LF / CRLF
  • 区切り文字: カンマ(,) / タブ文字 / パイプ(|) 対応
  • BOM: なし
Windows版のエクセルでよく作成される、「Shift-jis形式のCSVファイル」は対応しておりませんのでご注意ください。(主に日本語データが文字化けします)

データフォーマット

ヘッダ行が存在しているCSVデータであれば、どういったデータでも取り込み可能です。

取り込んだデータのヘッダ行は「リストのフィールド名」に変換されます。
「フィールド名の頭文字は、半角英字でなければならない」という制約があります。

null

Messageに取り込む際のサンプルデータをご用意しましたのでよければご利用ください。

"user_id","email","name","entry_date","age"
"1","test-1@testtest.cp","test1さん","2022-03-20",10
"2","test-2@testtest.cp","test2さん","2022-01-23",20
"3","test-3@testtest.cp","test3さん","2022-04-23",30
"4","test-4@testtest.cp","test4さん","2022-01-23",40

CSVデータのサンプルファイルはこちら