メール利用開始時の検証でメールが送信されない場合には、以下の項目を満たしているか確認してください。

1. テスト配信で、お客様担当者のテストアドレスに送信できるか確認する 

テスト方法はこちら

2. SendGridのDNS設定が正しいことを確認する

SendGridの管理画面にて、KAERTEで利用するドメインのステータスがVerifiedになっていることを確認してください。
null

3. ユーザーの送信可否が拒否状態になっている

ユーザーストーリーで送信可否(subscription)の最新状況を確認してください。
アイコンの上をマウスでホバーするとapp名とenabled/disabledの表示が出る仕様となっており、グレーアウトしているアイコン=disabled(許可なし)です。
その場合はユーザータグで送信しているデータを確認してください。→詳細

null

4. ユーザータグのsubscriptionの値が、ブール値ではなく、文字列になってしまっている

ユーザータグでsubscriptionを送信しているはずなのに、2のパーミッションがenabledにならないという場合には、subscriptionが文字列ではなくブール値で送信しているかどうかをご確認ください。