概要

お客様でご契約しているSendGridとKARTEをAPI連携し、KARTEの接客サービスを用いたメール配信とKARTE上での効果測定を実施することが可能です。

<連携イメージ>
null

例えば以下のように、KARTEとSendGridの両方のメール配信機能を活用することもできます。

KARTEでできること

  • KARTEのセグメントを使って、KARTE上で計測しているユーザー行動をトリガーとしたメール配信を行うことができます。
  • KARTEの接客サービスを作成して、SendGridのAPI経由でメール配信します。

SendGridでできること

  • SendGridのマーケティングキャンペーン機能を利用してメールの一斉配信ができます。
  • アドレスリストの登録やテンプレートの作成はお客様にて実施いただきます。
Sendgirdの各種機能については、SendGrid代理店へお問い合わせください。

ご利用の流れ

1. SendGridと契約

ご契約はお客様にてSendGridにお申込みいただきます。
フリープランから、KARTEとのAPI連携機能をご利用可能です。

(参考)料金プランはこちら

SendGridは「ライセンスの譲渡および二次ライセンスは不可」となっております。
受託や運用代行を行なっている企業様からも代理申し込みはできないため、必ずご利用企業様から直接お申し込みください。

2. ドメイン準備

新たにSendgridと契約を開始されたお客様
SendGridの手順に従い、メール送信に利用するドメインの準備DNS設定をお願いいたします。独自ドメインの利用を推奨しております。

参考サイト:独自ドメインを利用する

既存のSendgrid契約にKARTEとの連携を追加するお客様
既存のSendgrid契約の場合、既にドメインの準備及び、DNS設定が完了しているケースがほとんどです。

そのまま以下の設定に進んでいただいても問題ありませんが、新たにKARTE用の「サブユーザ」を作成いただくことを推奨しております。サブユーザーで以降の設定を行うことで、既にご利用のメール配信と、KARTEからのメール配信の通数を分けて管理する、といったことが可能になります。

参考サイト:サブユーザの作成/管理

また、その場合ドメイン設定は親アカウントのドメイン設定をサブユーザーに引き継ぐことが可能です。

参考サイト:親アカウントの独自ドメイン利用設定をサブユーザーに引き継ぐ方法

3. SendGrid API Key 払い出し

新たにSendgridと契約を開始されたお客様
SendGridの管理画面の Settings > API Keys より、API Keyを作成します。

既存のSendgrid契約にKARTEとの連携を追加するお客様
作成した、サブユーザーの管理画面で、 Settings > API Keys より、API Keyを作成します。

API KeyのPermissionには、Full Access、もしくはRestricted Accessの場合は以下の権限を設定してください。

  • Mail Send」の「Mail Send
  • Stats」の「Stats Overview

ここで作成したAPI keyを、項番4でKARTEに設定します。

4. KARTE管理画面でのSendGridプラグイン設定

プラグイン設定 > SendGrid より下記の内容に従って設定し、一番下にある保存ボタンより保存を行ってください。

設定項目 説明
有効化 「有効化」チェックボックスにチェックを入れてください
送信アドレス メール送信時のアドレスです。(ヘッダFrom)原則KARTEの送信用に払い出したドメインのアドレスを使用してください。※それ以外のドメインの場合、到達率が下がる可能性があることをご理解の上、ご利用ください。
送信者名 メール送信時の送信者名を設定してください。
返信先アドレス メールの返信先アドレスを設定してください。お客様が受信できるメールアドレスをご指定ください。
API key SendGrid管理画面からAPI keyを払い出し、設定してください。
クリックトラッキングの無効化 メールのリンククリックの効果を測定する場合はチェックはいりません。
開封トラッキングの無効化 メールの開封の効果を測定する場合はチェックはいりません。
通知先メールアドレス 送信制限数に対する警告や上限に達したときのメール通知先を設定できます。

5. SendGrid Webhook設定

SendGridのイベントをKARTEに連携するためのWebhook設定を行います。SendGrid管理画面の Settings > Mail Settings > Event Notification に、以下のHTTP POST URLを設定してください。

https://t.karte.io/hook/#{api_key}/sendgrid/event

上記URLの#{api_key}部分に、KARTEのAPIキーを入力します。
※SELECT ACTIONSの項目は ALL を選択してください。

6. 接客サービス配信

配信前に必ず下記をご確認ください。

通常のKARTEのメール配信と同じように、接客サービスを配信してください。

KARTEの接客サービスを使ってメール配信をすれば、KARTEのセグメントを使ったメール配信や、KARTE上で計測しているユーザー行動をトリガーとしたメール配信を、SendGridとAPI連携して送信することが可能です。

サービス仕様

1. メール送信条件

KARTEで取得しているユーザーデータを元に、以下の条件に当てはまる場合にKARTEからSendGridにメール送信リクエストを連携します。

H2M_LI_HEADER ユーザータグ(identifyイベント)のemailが存在する
H2M_LI_HEADER ユーザータグ(identifyイベント)のsubscriptiontrue

2. メール停止条件

KARTEでメール送信失敗(talk_message_fail)を検知すると、該当ユーザーデータのsubscriptionfalseにします。これにより次回以降配信がされません。

また、SendGridの機能でもバウンス管理機能があります。詳細はこちらをご確認ください。(参考)

SendGridのソフトバウンスの仕様としては、最大72時間リトライする仕組みがあります。
リトライの結果、送信に成功した場合には、KARTEではメール送信失敗(talk_message_fail)とはなりません

メール再送条件:

上記の仕様により、KARTEとSendGrid両方で停止条件を解除する必要があります。

  • KARTE

    • 該当ユーザーデータのsubscriptiontrueにすることで、再送可能状態になります。
  • SendGrid

    • バウンスリストから該当アドレスを削除することで、再送可能になります。(参考

3. イベント連携

KARTEから送信したメールについては、SendGrid側からKARTEに以下の結果イベントを連携しています。
Sendgrid Webhook設定をしていることが前提です。)

イベント名 プラグイン 説明
_sendgrid_delivered SendGrid メールが正常に到達されたイベント
_sendgrid_bounce SendGrid メールが正常に到達しなかったイベント
_sendgrid_dropped SendGrid SendGrid側でメールを配信しなかったイベント(Quotaを超えたなど)
_sendgrid_spamreport SendGrid 受信者にスパム判定されたイベント

ハードバウンス/ソフトバウンスの種別については、_sendgrid_bounceイベントのtrack項目の中で、type=bounce(ハードバウンス)/type=blocked(ソフトバウンス)を見れば確認可能です。

(参考)イベントリファレンス

4. 効果測定

KARTEから送信したメールについては、開封・クリックを測定可能です。
プラグイン設定画面で、「クリックトラッキングの無効化」「開封トラッキングの無効化」を行うと、トラッキングが無効になります。
開封・クリックトラッキングが有効な時は、以下のようなイベントが発生します。

イベント名 プラグイン 説明
talk_message_open SendGrid メッセージを開封したイベント
message_click SendGrid 短縮URLリンクをクリックしたイベント

メール配信 – 開封数やクリック数を正しく計測できますか?

その他

  • SendGridの管理画面にてバウンスリストのダウンロードやバウンス登録解除が可能です。
  • SendGridに関するサポートは、SendGrid代理店にお問い合わせいただきます。