KARTE TALKを使って、エンドユーザー向けに対象セグメントに対してメール配信を行うための接客サービスの作り方をご紹介します。なお、メール配信の接客サービスを行うにはこちらの 事前準備 が必須となります。合わせてこちらもご確認ください。

1. 接客サービスをつくる

対象ユーザーの設定

  • 配信対象としたいセグメントを指定する
  • ※ セグメント作成時に「emailあり」「subscriptionがtrueに等しい」を設定するようにしてください。

アクションの編集

  • ユーザーに「話しかける」 > メール の中からユーザーに送りたいテンプレートを選択します。
    null

デザインの変更

  • テンプレートの中身を編集します。
  • すでにお使いのデザインを反映する場合は、「カスタマイズ」より修正してください。
    null

HTMLメールとテキストメールについて

  • エンドユーザーの環境によってHTMLメールが表示できない場合、テキストメールが表示されます。そのため、HTML本文とテキスト本文の両方を入力することをおすすめします。
  • アクション編集 > 表示設定 の「テキストメールを自動生成」にチェックを入れるとHTMLを変更するだけで同じ内容がテキストに反映されます
    null

テスト送信

  • 接客したいアクションの「・・・」> 「テストメールで確認」からメールを配信し、実際にメールの内容確認ができます。
    null

配信モードの選択

  • 「イベント応答」と「ターゲット配信」から適切な配信モードを選択してください。
    • イベント応答:イベント発生をトリガーとした配信方法です。
    • ターゲット配信:イベントに関係なく、対象のユーザーに対して今すぐ配信、特定の日時を指定する配信方法です。

対象ユーザーの設定

  • 配信対象としたいセグメントを指定する

(参考)メール送信可能なセグメント

対象イベントの設定

  • 配信モードでイベント応答を選択している場合

    • メールを配信する場合のイベントの設定を行います。
  • 配信モードでターゲット配信を選択している場合

    • ターゲット配信はイベントをトリガーにしないため、「対象イベント」の設定は不要です。配信する日時をスケジュールで設定してください。

スケジュール

  • 配信モードでイベント応答を選択している場合

    • 配信頻度を「アクセス毎」、もしくは「ユーザー毎」で選択します。
    • ユーザー毎に配信とは、1ユーザーに1回だけ配信されます
    • アクセス毎の配信では、配信停止条件より1ユーザーに1日1回のみの送信制限が可能です。
  • 配信モードでターゲット配信を選択している場合

    • 配信ページで「ターゲット配信」を選択している場合は、こちらの設定は必要ありません
    • 必要に応じて、配信スケジュールとオプション設定を設定し、保存する
    • たとえば、スケジュール配信で 10:0019:00 までの配信を選択した場合、19:019:59 の間に配信対象となったユーザーに対しては、翌10:00に送信されます

2. 補足

  • HTMLメールにて送信しますが、エンドユーザー側のメールクライアントによってHTMLが表示できない場合はテキストメールが送られます。
  • 接客サービス単位で、送信数・送信失敗数・開封数・クリックが計測できます。ただし、テキストメールはクリックは計測できますが開封数は計測できません。(HTMLメールは開封数・クリック数ともに計測可能)

関連情報