KARTE開発チームでは、「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントについて、接客サービスの配信トリガーで利用できないようにする改修を計画しています。

「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントとは

ユーザーのサイト上の行動に応じて様々なセグメントの条件に合致したり、合致しなくなったりといった変化が起きた時、ユーザーのストーリー画面上で「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントでその変化を見ることができます。

仕様変更の詳細

具体的な仕様変更の詳細は、次の通りです。

  • これまで、「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントはセグメントを変更するイベントの送信と同時に発生していました
  • これらのイベントの発生タイミングを変更し、事後的に発生するようにします
  • これにより、「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントは接客サービスの配信トリガーでは使えないようになります

仕様変更の理由

仕様変更を決めた理由は、次の通りです。

  • 「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントは発生数が多く、セグメントを変更するイベント送信と常に同時に発生させるにはシステムへの負荷が高い
  • 「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントを接客サービスの配信トリガーで利用しているケースであっても、別の設定で同様の施策が実現できるケースが多い

移行方法

すでに「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントを接客サービスの配信トリガーで利用している場合、利用しないように設定を変更する必要があります。

代表的な移行例

「ユーザーやセッション毎に1度しか入らないようなセグメント」に入ることをトリガーに接客サービスを配信していた場合、「対象ユーザー」と「配信頻度」の設定で同様の配信条件が実現できることがあります。

  • 移行前の設定(例)
    • 配信トリガー
      • セグメントに入る > セグメントIDリスト > 次に等しい > セグメントA
  • 移行後の設定(例)
    • 対象ユーザー
      • 次に該当する > セグメントA
    • 配信トリガー
      • (セグメントAの条件で使われていたイベントの発生を条件設定)
    • 配信頻度
      • ユーザー毎 or セッション毎

移行が難しいケースについて

  • 「あるフィールドの値に変更があった場合のみ接客サービスを配信したい」というケースについては、現状の機能では対応ができません
    • そのため、「あるフィールドの値に変更があった場合のみイベントを発生させる」という機能を開発予定です
  • その他、移行方法がわからないケースがありましたら、チャットサポートまで次の情報を含めてお問い合わせください
    • 移行対象の接客サービスURL
    • 実現したい配信条件についての詳細

移行スケジュール

次のスケジュールを予定しています。

  • 2022年2月7日(予定)
    • 新規に「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントを配信トリガーに登録できないようにします
  • 〜2022年5月中
    • 「あるフィールドの値に変更があった場合のみイベントを発生させる」という機能の提供を開始します
  • 2022年6月末
    • 「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントを配信トリガーに指定した場合も接客サービスがトリガーされないようにします

FAQ

Q. セグメントやゴールなどの条件には引き続き使えますか?

はい、「セグメントに入る」「セグメントから出る」イベントをセグメントやゴールなどの条件に使うことは可能です。