できること

KARTE Signalsでは、Yahoo!ディスプレイ広告のオーディエンスリストにKARTEのセグメントやイベントデータから作成したターゲティングリストを連携することができます。ここではその連携方法について説明します。

Datahub ジョブフローを使って連携する場合は、こちらのドキュメントをご確認ください。

事前準備

  • Yahoo!広告のディスプレイ広告アカウントの登録更新権限もしくは管理者権限が付与されている必要があります
  • 外部パートナーが広告運用されている場合、Yahoo!広告アカウントの権限付与の依頼をしてください
項目名 説明
アカウントID 広告管理画面より取得
カスタムオーディエンスID(サイトリターゲティングタグID) 広告管理画面より取得
  • アカウントIDは管理画面左上のから取得します。
    null

  • カスタムオーディエンスID(サイトリターゲティングタグID)は、Yahoo!広告のディスプレイ広告の管理画面>ツール>オーディエンスリスト>オーディエンスソースから取得します。
    null

広告APIの設定

  • その他の機能 > 広告API > 追加 から、Yahoo! Ads Audience Listを選択します。
  • 名前、説明は、適宜修正してください。
  • 事前準備で用意したアカウントIDリターゲティングIDを入力し、取得するボタンを押してください。
  • Yahoo!広告 の管理画面へ遷移し、ログインします
  • アクセス許諾の画面で承認をクリックします。
    null

コネクタの設定

1.テンプレートの選択

  • コネクタ > 作成 > テンプレートを選択 から、Yahoo!広告オーディエンスリストにオーディエンスを送る(v1)を選択し、決定ボタンを押してください。

2.送信先の広告API

  • 広告APIは、「広告APIの設定」で作成したものを選択します。

新規にオーディエンスを作成する場合

  • 「オーディエンスリストを作成する」にチェックを入れると新しくオーディエンスリストを作成します。
    新規リスト作成の際の名称ですが、①など機種依存文字はYahoo!広告側では使用できないのでご注意ください。
    https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=103532
    カスタムUidKey設定、カスタムEntityId設定はYahoo!タグマネージャーのユニバーサルタグの機能を活用した顧客IDの連携の任意設定項目となります。詳細は下記Yahoo!公式ヘルプをご確認ください。
    https://ads-help.yahoo-net.jp/s/article/H000044229?language=ja#c01
項目名 説明
メールアドレスハッシュ済み 既にSHA-256アルゴリズムを使用して、ハッシュ化しているアドレスを連携する場合にはチェック
オーディエンスリスト名 オーディエンスリストの名称を入力してください
オーディエンスリスト説明 任意です。オーディエンスリストの説明文を入力してください
アップロードタイプ メールアドレス or 任意のユーザー識別子のタイプから設定
行動履歴の保持期間日数(1日~60日) 半角英数字で入力
カスタムUidKey 通常は入力不要です。任意のユーザー識別子同期タグで設定した任意のユーザー識別子の名前を入力してください。 ※他社DMPなど外部サービスから連携する場合は、ユーザー識別子提供元の指定に従ってください。
カスタムEntityId 通常は入力不要です。 ※他社DMPなど外部サービスから連携する場合は、ユーザー識別子提供元の指定に従ってください。
オーディエンスを作成しデータを連携した後、継続してデータを連携する場合は、2回目以降のジョブ実行時には「オーディエンスリストを作成する」のチェックを外し、オーディエンスIDを入力してください。
チェックが入ったままだと再度カスタムオーディエンスを作成しようとしてしまい、2回目以降のジョブがエラーとなります。

既存のオーディエンスリストを更新する場合

  • 「オーディエンスリストを作成する」にチェックが入っていないの場合、既存のオーディエンスリストを更新することができます。
  • Yahoo!管理画面のオーディエンスリストより更新したいオーディエンスのオーディエンスリストIDを控え、設定してください(見当たらない場合は表示項目をご確認ください)
    null
項目名 説明
メールアドレスハッシュ済み 独自にSHA-256アルゴリズムを使用して、ハッシュ化しているアドレスを連携する場合にはチェック
オーディエンスリストID 媒体管理画面上で更新したいオーディエンスリストのIDを入力します
アップロードタイプ メールアドレスを指定して設定してください
行動履歴の保持期間日数(1日~60日) 半角英数字で入力
カスタムUidKey 通常は入力不要です。メールアドレスではなく、任意のユーザー識別子同期タグで設定した任意のユーザー識別子の名前を入力してください。 ※他社DMPなど外部サービスから連携する場合は、ユーザー識別子提供元の指定に従ってください。
カスタムEntityId 通常は入力不要です。 ※他社DMPなど外部サービスから連携する場合は、ユーザー識別子提供元の指定に従ってください。

3.配信パラメータ

  • 独自に個人情報データをハッシュ対応している場合は、個人情報のハッシュ化で、「個人情報をハッシュ化している」を選択してください。
    null

4.利用するデータ

オーディエンスリスト

  • Yahoo!に送信するオーディエンスリストを抽出します。
  • 利用するデータ
    • KARTEイベントデータを利用して抽出する場合は、KARTEデータ/バッチセグメントを選択してください。
    • KARTEデータ/イベントデータを利用して抽出することも可能ですが、クエリリソースの消費量が大きくなる可能性が高いのでKARTEデータ/バッチセグメントを利用することをお勧めいたします。
      • バッチセグメントの設定方法はこちらをご確認ください。
    • 外部データを利用する場合は、外部データから該当のデータを選択してください。(事前にデータを連携しておく必要があります。)
    • KARTEデータ/ユーザーマスタはここでは使用しません。
  • 必要に応じて、カラムマッピングデータを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。

個人情報データ

  • Yahoo!に送信する個人情報データを抽出します。
  • 利用するデータ
    • identifyイベントで個人情報データを取得している場合は、KARTEデータ/ユーザーマスタを選択してください。
    • 外部から連携している場合は、外部データから該当のデータを選択してください。
  • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。
    フィールド名 必須 推奨 説明
    user_id ユーザーID
    KARTEのuser_idを選択してください
    email メールアドレス
    phone Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    first_name Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    last_name Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    gender Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    birthday Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    pref Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    city Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    zip_code Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    country Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です
    street_address Yahoo!への連携には使用しないため、設定不要です

5.送信スケジュール

  • 定期的に連携する場合は、繰り返し実行有効にするにチェックを入れて、実行間隔を設定してください。
  • 利用するデータで外部データを利用している場合は、その連携頻度/連携時間に合わせて設定してください。
    ※データ数が100件未満のリストをインポートしてもオーディエンスリストには取り込まれません。100件以上になるよう抽出期間をご調整してください。

6.送信

  • 下書き保存ボタンをクリックした後、データを取得ボタンを押すと、実際に連携される件数とデータが確認できます。
  • 確認して問題なければ、送信ボタンを押してください。

送信確認

  • Yahoo!広告の管理画面のメニュー>ツール>オーディエンスリストを開きます
  • まずは、オーディエンスリスト名を確認し、KARTE Signalsから送られた送信されたリストが反映されていることを確認してください
  • 連携データの詳細をクリックし、アップロード状況をチェックします(連携データが見当たらない場合、表示項目が非表示になっていないか確認してください)

null

  • ステータスが「データ取り込み完了」になっていたら、連携完了です
    null