できること

KARTE Signalsでは、LINE Ads APIを使用してLINE広告のカスタムオーディエンスに、KARTEのセグメントやイベントデータから作成したターゲティングリストを連携することができます。ここではその連携方法について説明します。

Datahub ジョブフローを使って連携する場合は、こちらのドキュメントをご確認ください。

事前準備

下記の事前準備を完了していることをご確認ください。
1. KARTE計測タグの設置
2. 個人情報を広告媒体に送信する際の事前設定
3. LINE広告へのAPI申請
4. 広告アカウントID/アクセスキー/シークレットキーの準備
各広告媒体のアカウントID等の確認方法を参考に、広告アカウントID、アクセスキー、シークレットキーを取得してください。(広告API設定で利用します。)

広告APIの設定

  • その他の機能 > 広告API > 追加 から、LINE Ads Custom Audience APIを選択します。
  • 名前、説明は、適宜修正してください。
  • 事前準備で取得した広告アカウントID、アクセスキー、シークレットキーを入力してください。

コネクタの設定

1.テンプレートの選択

  • コネクタ > 作成 > テンプレートを選択 から、Ads APIでLINEにオーディエンスを送る(v1)を選択し、決定ボタンを押してください。

2.送信先の広告API

  • 広告APIは、「広告APIの設定」で作成したものを選択します。
  • アクション
    • データの更新方法を下記から選択します。
      • 追加・・・送信するデータを既存のリストに追加します。
      • 置換・・・送信するデータで既存のリストを全て置き換えます。

新規にオーディエンスを作成する場合

  • ユーザーリストを作成する にチェックし、アクション作成し、オーディエンス名称を入力してください。
  • 説明は必要に応じて入力してください。
    オーディエンスを作成しデータを連携した後、継続してデータを連携する場合は、2回目以降のジョブ実行時にはユーザーリストを作成するのチェックを外し、アクションを選択し、オーディエンスIDを入力してください。
    ユーザーリストを作成するを選択したままだと再度オーディエンスを作成しようとしてしまい、2回目以降のジョブがエラーとなります。

既存のオーディエンスリストを更新する場合

  • LINE広告管理画面にて、オーディエンスIDを取得し入力してください。

3.配信パラメータ

下記を参考に、配信パラメータを設定してください。

パラメーター名 説明
送信する個人情報の種類 電話番号とメールアドレスのどちらを送信するかを選択します。
個人情報のハッシュ化 独自に個人情報データをハッシュ対応している場合は、「個人情報をハッシュ化している」を選択してください。

4.利用するデータ

オーディエンスリスト

  • LINEに送信するオーディエンスリストを抽出します。
  • 利用するデータ
    • KARTEイベントデータを利用して抽出する場合は、KARTEデータ/バッチセグメントを選択してください。
    • KARTEデータ/イベントデータを利用して抽出することも可能ですが、クエリリソースの消費量が大きくなる可能性が高いのでKARTEデータ/バッチセグメントを利用することをお勧めいたします。
    • 外部データを利用する場合は、外部データから該当のデータを選択してください。(事前にデータを連携しておく必要があります。)
    • KARTEデータ/ユーザーマスタはここでは使用しません。
  • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。

個人情報データ

  • LINEに送信する個人情報データを抽出します。
  • 利用するデータ
    • identifyイベントで個人情報データを取得している場合は、KARTEデータ/ユーザーマスタを選択してください。
    • 外部から連携している場合は、外部データから該当のデータを選択してください。
    • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。

5.送信スケジュール

  • 定期的に連携する場合は、繰り返し実行有効にするにチェックを入れて、実行間隔を設定してください。
  • 利用するデータで外部データを利用している場合は、その連携頻度/連携時間に合わせて設定してください。

6.送信

  • 下書き保存ボタンをクリックした後、データを取得ボタンを押すと、実際に連携される件数とデータが確認できます。
  • 確認して問題なければ、送信ボタンを押してください。

7.送信確認

  • ジョブフローのスケジュール実行もしくは今すぐ実行をした後、ジョブフローで実行済みとなっていると送信完了です。広告管理画面への反映を確認します。
  • LINE広告マネージャーのMENUの共有ライブラリ>オーディエンスから確認可能。
    • 利用可能と表示されていれば、反映完了です。
      null