できること

KARTE Signalsでは、Google広告のカスタマーマッチのリストとして作成したターゲティングリストを連携することができます。ここではその連携方法について説明します。
メールアドレスや電話番号等のパーソナルデータを元に、KARTEのセグメントやイベントと掛け合わせたターゲティングが可能です。

Datahub ジョブフローを使って連携する場合は、こちらのドキュメントをご確認ください。

事前準備

下記の事前準備を完了していることをご確認ください。
1.  KARTE計測タグの設置
2.  個人情報を広告媒体に送信する際の事前設定
3.  Google広告カスタマーマッチ連携の事前設定

広告APIの設定

  • その他の機能 > 広告API > 追加 から、Google Ads Customer Matchを選択します。
  • 名前、説明は、適宜修正してください。
  • 事前準備で用意したCustomer IDを入力し、Google認証作業を行なった上で、保存ボタンを押してください。
Google認証作業を行う方は、接続先のGoogle広告管理画面にて標準以上の権限が必要となります。

コネクタの設定

1.テンプレートの選択

  • コネクタ > 作成 > テンプレートを選択 から、カスタマーマッチでGoogle広告にオーディエンスを送る(v1)を選択し、決定ボタンを押してください。

2.送信先の広告API

  • 広告APIは、「広告APIの設定」で作成したものを選択します。
  • ユーザーリストを新規に作成する場合は、ユーザーリストを作成するにチェックを入れてください。
  • オペレーション
    • データの更新方法を下記から選択します。
      • 作成・・・送信するデータを既存のリストに追加します。
      • 置換・・・送信するデータで既存のリストを全て置き換えます。
      • 削除・・・送信するデータを削除する場合に利用
  • 独自にデータをハッシュ対応済み
    • KARTEに既にハッシュ化された個人情報データを連携している場合に利用します。
    • ハッシュ化のルールが媒体側の規定に沿っているか確認してください。

新規にオーディエンスを作成する場合

  • ユーザーリスト名、事前準備で取得したカスタマーIDを入力してください。
  • 説明は必要に応じて入力してください。
    ユーザーリストを作成しデータを連携した後、継続してデータを連携する場合は、2回目以降のジョブ実行時には「ユーザーリストを作成する」のチェックを外し、ユーザーリストIDを入力してください。
    チェックが入ったままだと再度ユーザーリストを作成しようとしてしまい、2回目以降のジョブがエラーとなります。

既存のオーディエンスリストを更新する場合

  • Google広告管理画面にてユーザーリストIDを取得し設定します。

3.配信パラメータ

  • 独自に個人情報データをハッシュ対応している場合は、個人情報のハッシュ化で、「個人情報をハッシュ化している」を選択してください。
    null

4.利用するデータ

オーディエンスリスト

  • Googleに送信するオーディエンスリストを抽出します。
  • 利用するデータ
    • KARTEイベントデータを利用して抽出する場合は、KARTEデータ/バッチセグメントを選択してください。
    • KARTEデータ/イベントデータを利用して抽出することも可能ですが、クエリリソースの消費量が大きくなる可能性が高いのでKARTEデータ/バッチセグメントを利用することをお勧めいたします。
      • バッチセグメントの設定方法はこちらをご確認ください。
    • 外部データを利用する場合は、外部データから該当のデータを選択してください。(事前にデータを連携しておく必要があります。)
    • KARTEデータ/ユーザーマスタはここでは使用しません。
  • 必要に応じて、カラムマッピングデータを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。

個人情報データ

  • Googleに送信する個人情報データを抽出します。
  • 利用するデータ
    • identifyイベントで個人情報データを取得している場合は、KARTEデータ/ユーザーマスタを選択してください。
    • 外部から連携している場合は、外部データから該当のデータを選択してください。
  • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。
    フィールド名 必須 推奨 説明
    user_id ユーザーID
    KARTEのuser_idを選択してください
    email メールアドレス
    phone 電話番号
    first_name 名前
    last_name
    gender Googleへの連携には使用しないため、設定不要です
    birthday Googleへの連携には使用しないため、設定不要です
    pref Googleへの連携には使用しないため、設定不要です
    city Googleへの連携には使用しないため、設定不要です
    zip_code 郵便番号
    country 国コード
    設定がない場合は「jp」が固定で連携されます
    street_address 住所

※住所データを連携するには、少なくとも、姓、名、郵便番号、国コードが必要です。(一つでも欠けると照合されません)

5.送信スケジュール

  • 定期的に連携する場合は、繰り返し実行有効にするにチェックを入れて、実行間隔を設定してください。
  • 利用するデータで外部データを利用している場合は、その連携頻度/連携時間に合わせて設定してください。

6.送信

  • 下書き保存ボタンをクリックした後、データを取得ボタンを押すと、実際に連携される件数とデータが確認できます。
  • 確認して問題なければ、送信ボタンを押してください。

送信確認

  • Google広告の管理画面のメニューよりツールと設定>オーディエンスマネージャー>分類して表示
    • 送信したリストを選択
  • セグメントのメンバータブからデータファイルのアップロード状況を確認できます。
  • この処理が完了するまでに、最長で 48 時間ほどかかることがあります。

カスタマーマッチのリストに問題がある場合