KARTEは、サイト上で発火するJSタグにより送られるイベントを元にすべての機能が成り立っています。

タグを介してブラウザからKARTEにイベントを送信する

ウェブページのソースにタグ(Javascriptの記述)を設置する(埋め込む)ことで、ユーザーがそのウェブページを開いた時にブラウザ側でタグが発火し(Javascriptが実行され)、そのページ上の情報がKARTEのサーバーにイベントとして送信されます。
タグの種類によってイベントの名称が変わり、イベントの名称で計測している情報の種類を見分けることができます。

KARTEでユーザー行動を計測する際のベースとなるのが「計測タグ」です。
計測タグについては、指定のタグ(JavaScriptの記述)をKARTE管理画面にご提供しています。この計測タグをサイト内の全ページに設置することで、ユーザーがサイト内でページ遷移をする都度、ランディングしたページで計測タグが発火し、閲覧イベント(viewイベント)としてページ上の閲覧情報の内容がKARTEに送信されます。

閲覧イベントは、ユーザーの閲覧の都度発生する足跡の1つ1つとして、一人一人のイベントの履歴が人軸でKARTEに蓄積されています。これが、KARTEのイベントトラッキングの仕組みです。
この足跡の発生回数、発生箇所や、初めての発生から最後の発生までの経過時間などをKARTEが解析し、管理画面上でユーザーの過去から現在に至るまでの行動傾向を把握することができます。

閲覧イベントの他に、ユーザーの閲覧時の情報以外の情報をサイト上からKARTEにタグを介して送ることが可能ですが、その場合は別途情報に合わせてタグを作成し、任意の名称のイベントで送信してください。

計測タグの設置方法についてはこちらのドキュメントをごご覧ください。
その他タグの設置方法についてはそれぞれ下記のドキュメントを御覧ください。

イベントを元にリアルタイムセグメントを作成する

KARTEに送信されているイベントの最新の値を参照した条件設定ができるKARTEのセグメントはリアルタイムセグメントとなります。
ユーザーの足跡となるイベントが更新される都度、セグメントの合致判定が行われ、ユーザーの最新の状態によって、セグメントに入る/出るが繰り返されます。

上述の通り、KARTEは全てのイベントをユーザー単位で蓄積しているため、最新の値のみならず、過去のイベントの発生傾向や状況を条件としたセグメントも可能です。

セグメントを用いてユーザーの分析を行ったり、アクションの対象ユーザー(ターゲット)を指定します。
KARTEの各種機能を活用いただくベースとなるのがセグメントです。

イベントをトリガーにユーザーにアクションを行う

ユーザーに対するアクションをKARTEでは接客サービスと呼びます。
接客サービスはプリセットのシナリオとなり、配信対象はセグメントで、配信タイミングはイベントで指定をします。
ユーザーがサイト来訪時に指定のセグメントに合致し、指定のタイミングが訪れた瞬間に(指定の条件が発生した瞬間に)、特定のアクション(クリエイティブ等)を配信する仕組みとなっています。

接客配信の詳しい仕組みについてはこちらのドキュメントをご参照ください。

アクションに対するリアクションもイベントで蓄積

接客サービスがユーザーに配信される際、それに対するユーザーの反応を含む下記の情報がそれぞれに個別のイベントとしてKARTEに自動的に送信されて蓄積がされます。 (下記は代表的な例)

  • 接客サービスが表示された
  • 接客サービスをクリックした
  • 接客サービスを閉じた
  • アンケートの回答内容

これらはタグで計測されるイベントと同様に、セグメントの条件としたり、接客サービスの配信条件として指定することが可能です。
また、これらイベントもリアルタイムにKARTEに連携されるため、接客サービスの配信によるユーザーの感情やモチベーションの変化を逃さず捉えることができます。