「広告ID」をURLパラメータに付与することで、Signalsダッシュボード上でKARTEの行動データ広告媒体レポートを掛け合わせて、広告成果を分析・可視化することができるようになります。

ここでは、各広告媒体ごとに「広告ID」をURLパラメータに付与する方法をご紹介します。

各広告媒体の設定

Google広告

レスポンシブ広告の場合、{creative}の部分が正しく変換されないことがあります。
その際は、広告単位で広告IDを直接指定してください。
  • キャンペーン単位でURLにパラメーターを付与します。

  • Google広告の「キャンペーン>設定>その他の設定>キャンペーンURLのオプション」にアクセスします。

  • 「最終ページURLのサフィックス」もしくは「トラッキングテンプレート」に「krt_id={creative}_{campaignid}」を追記します。
    null

  • 「テスト」を押して実際の広告IDがURLに含まれていることを確認してください。

 ※ {creative}が広告IDに、{campaignid}がキャンペーンIDに自動的に変換されます。
 ※ 上記方法で行うことで広告の再審査を避けることができます。
 ※ アカウント単位/広告グループ単位/広告単位で設定していただいても問題ありません。

Meta広告

コレクション広告の場合、{{ad.id}}の部分が正しく変換されないことがあります。
その際は、広告単位で広告IDを直接指定してください。
  • 各広告の「リンク先」の「ウェブサイトのURL」に「krt_id={{ad.id}}」を追加します。
    ※ URL直後にパラメーターを付ける場合は「?」、複数のパラメーターのあとに付ける場合は「&」で追加してください。
  • 「URLパラメーターを作成」機能を使用している場合は、「カスタムパラメータ」に「krt_id」を追加し、値に{{ad.id}}を選択してください。
    null

※ {{ad.id}}の部分が自動的に広告IDに変換されます。

Yahoo!ディスプレイ広告

レスポンシブ広告の場合、{creative}の部分が正しく変換されないことがあります。
その際は、広告単位で広告IDを直接指定してください。
  • 各広告の「最終リンク先URL」に「krt_id={creative}」を追加します。
    null

※ URL直後にパラメーターを付ける場合は「?」、複数のパラメーターのあとに付ける場合は「&」で追加してください。
※ {creative}の部分が自動的に広告IDに変換されます。

Yahoo!検索広告

  • キャンペーン単位でURLにパラメーターを付与します。
  • Yahoo!検索広告の「キャンペーン>キャンペーン設定情報>設定内容を編集>URLオプション」を表示します。
  • 「トラッキングURL」に「{lpurl}?krt_id={creative}」を追加します。
    null

※ {creative}の部分が自動的に広告トラッキングID(≠ 広告ID)に変換されます。
※ 広告グループ単位/広告単位で設定していただいても問題ありません。

LINE広告

広告作成後はリンク先URLを編集できないのでご注意ください。
  • 現状、広告IDをURLパラメータに自動的に付与することはできません。
  • 広告を一意に特定するために、「キャンペーンID」「広告グループID」「広告名」をセットでパラメーターに追加してください。
  • 各広告の「リンク先URL(任意)」に「krt_id=キャンペーンID_広告グループID_広告名」を追加します。
    ※上記の、キャンペーンID、広告グループID、広告名の部分は実際の値を入力してください。
    ※広告名は、英数字のみを使用し、他のLINE広告の広告名と重複しない一意の値を設定してください。
    null
    null

X広告(旧Twitter広告)

広告作成後はURLを編集できないのでご注意ください。
  • 現状、広告IDをURLパラメータに自動的に付与することはできません。
  • 広告を一意に特定するために、「広告名 (オプション)」に「キャンペーンID」「広告グループID」「広告名」をセットで追加してください。
  • 各広告のリンク、ウェブサイトのURLに「krt_id=キャンペーンID_広告グループID_広告名」を追加します。
    ※上記の、キャンペーンID、広告グループID、広告名の部分は実際の値を入力してください。
    ※キャンペーンID、広告グループIDは、広告マネージャーの「データをカスタマイズ」から表示できます。
    ※広告名は、英数字のみを使用し、他のX広告の広告名と重複しない一意の値を設定してください。
    null
    null

Tiktok広告

  • 各広告のURLに「krt_id=広告ID」を追加します。
    ※上記の、広告IDの部分は実際の値を入力してください。

ACCESSTRADE

  • 各広告のURLに「krt_id=プログラムID」を追加します。
    ※上記の、プログラムIDの部分は実際の値を入力してください。

Criteo

  • 各広告のURLに「krt_id=キャンペーンID」を追加します。
    ※上記の、キャンペーンIDの部分は実際の値を入力してください。

RTB HOUSE

  • 各広告のURLに「krt_id=subcampaign_id」を追加します。
    ※上記の、subcampaign_idの部分は実際の値を入力してください。
  • 媒体管理画面の「Reports > Subcampaigns」から「stats」をクリックすると、URL上に「subcampaign=xxx」とsubcampaign_idが表示されるので、この値をご利用ください。

LINKSHARE

  • 各広告のURLに「krt_id=サイトID(SID)」を追加します。
    ※上記の、サイトID(SID)の部分は実際の値を入力してください。

TGアフィリエイト(トラフィックゲート)

  • 各広告のURLに「krt_id=サイトID(SID)」を追加します。
    ※上記の、サイトID(SID)の部分は実際の値を入力してください。