できること

KARTE Signals ダッシュボードでは、広告経由でコンバージョンしたユーザーの属性を分析することができます。
KARTEのセグメントディメンションを使って、ユーザー属性の分析を行うことができます。

セグメントを使ったユーザー属性分析

  • セグメントを使うと、KARTEイベントや紐付けテーブルで取得された情報をもとにユーザーが分類されます。
  • コンバージョンしたユーザーが、そのセグメントに属するか否かでダッシュボード上確認できます。
  • セグメントを使った分析例
    • ××ページを閲覧してコンバージョンしたユーザー
    • アプリでコンバージョンしたユーザー
    • 20代~40代の女性のユーザー
    • クーポンを使ってコンバージョンしたユーザー
    • 会員ランクA、かつ店舗でのみ購入経験のあるユーザー
    • 非会員のユーザー

ディメンションを使ったユーザー属性分析

  • ディメンションを使うと、KARTEイベントや紐付けテーブルで取得された情報をもとにユーザーが分類されます。
  • コンバージョンしたユーザーが、ディメンションの範囲設定に応じてダッシュボード上確認できます。
  • ディメンションを使った分析例
    • 購入回数(新規ユーザー、F2、F3等)
    • 来訪回数
    • お気に入り商品数
    • 前回来訪からの期間
    • 前回購入日
    • OS名
    • 性別
    • 年齢
    • 都道府県

ユーザー属性の設定

事前にユーザー属性で使用したいセグメント or ディメンションは設定しておく必要があります。
  • ダッシュボード右上の歯車アイコンをクリックします。
  • 属性」をクリックします。
  • ユーザー属性の下にある「+追加」をクリックし、セグメント or ディメンションを選択します。
    null

ダッシュボード上での確認方法

  • 分析画面上で、「属性ごとに比較」をクリックします。
  • 見たいユーザー属性を選択すると、広告経由でコンバージョンしたユーザーの属性を分析することができます。
    null
    null