できること

KARTE Signals ダッシュボードでは、広告経由で購入された商品やブランド等を分析することができます。ここではその方法について説明します。

商品情報の設定

  • 商品情報の分析を行うためには、商品情報の取得と商品マスタの登録が必要になります。

商品情報の取得

KARTEイベント

  • イベントで、商品ID商品数量の情報を取得してください。
  • 同時に複数の商品を購入する可能性がある場合は、それらを配列で取得してください。
  • タグの実装サンプルは、こちらをご確認ください。

外部データ

  • ユーザーID購入日時商品ID商品数量の情報を取り込んでください。
  • 同時に複数の商品を購入したデータについては、商品ID別にレコードを分けてください。
  • カラムの詳細については、こちらをご確認ください。

商品マスタの登録

  • 商品IDをキーにした商品マスタを外部データに登録してください。
  • ブランドカテゴリー等、グルーピングした単位でも分析したい場合には、ダッシュボード上に表示したい名称で商品マスタにカラムを追加してください。
  • カラムの詳細については、こちらをご確認ください。

ダッシュボード上での確認方法

商品単位での確認

  • 分析画面上で、「商品ごとに比較」をクリックすると、購入された商品を確認することができます。
  • 実際の商品画像、商品名とともに、購入数量と金額をオンライン/オフライン別に確認することができます。
    null
    null

グルーピング単位での確認

  • 分析画面上で、「商品情報で比較」をクリックします。
  • グループを選択すると、購入された商品をグルーピング単位で分析することができます。
    null

商品CV:そのグルーピング単位に属する商品を含むCVの数
商品数量:CVした商品のうち、そのグルーピング単位に属するものの合計数