できること

KARTE Signals ダッシュボードでは、各広告媒体のレポートを自動連携し、一元的に可視化することができます。ここではその方法について説明します。

対応している広告媒体

2023年9月現在、自動連携可能な広告媒体となります。連携媒体数は順次拡大予定です。

Signalsダッシュボードで自動連携可能な広告媒体は下記です。

  • Google
  • Meta(Facebook、Instagram)
  • Yahoo!(検索、ディスプレイ)
  • LINE
  • Tiktok
  • X(Twitter)
  • ACCESSTRADE
  • Criteo
  • RTB HOUSE
  • LINKSHARE
  • TGアフィリエイト(トラフィックゲート)

連携設定

連携設定には、広告媒体アカウントの「読み取り権限」以上の権限が必要となります。(Criteoのみ管理者権限が必要)
LINE広告は、事前にAPI申請が必要となります。下記から申請をお願いします。
https://support.karte.io/faq/68L3GkDPRdxGmEHlsNepTp
  • ダッシュボード > 設定 > 広告媒体 内で連携したい広告媒体の「+アカウントを追加」をクリックします。
  • アカウントID等の項目を入力し、「連携する」ボタンを押してください。
    • 各広告媒体のアカウントID等の入力項目の確認方法は、こちらをご確認ください。
  • 各広告媒体の認証画面が立ち上がるので、認証を実施してください。
    ※Databeatがアクセスできる情報を選択してくださいと表示された場合は、基本的にはすべてを選択してください。
    null

データ確認

  • 連携設定が完了した広告媒体については、基本的に毎日1時頃に最新のレポートが自動連携されます。
  • ダッシュボードの右上のデータ取得元で「媒体データ」を選択すると、各広告媒体から連携された広告レポートの数値を一元的に確認することができます。
    null