できること

KARTE Signalsでは、Meta広告 Conversion APIを使用してMeta広告のコンバージョン補完を実施することができます。ここではその連携方法について説明します。

Datahub ジョブフローを使って連携する場合は、こちらのドキュメントをご確認ください。

事前準備

下記の事前準備を完了していることをご確認ください。
1.  KARTE計測タグの設置
2.  個人情報を広告媒体に送信する際の事前設定
3.  コンバージョンの重複除外処理(推奨)
4.  ビジネスマネージャのシステムユーザー設定
5.  ピクセルIDとアクセストークン取得

注意事項

使用するイベントは以下のように、
イベントマネージャー>データソースより対象のピクセルを指定し、対象のイベントを事前に選別しておいてください。
null

広告APIの設定

  • その他の機能 > 広告API > 追加 から、Meta Coversions APIを選択します。
  • 名前、説明は、適宜修正してください。
  • 事前準備で用意したアクセストークンを入力し、保存ボタンを押してください。

コネクタの設定

1.テンプレートの選択

  • コネクタ > 作成 > テンプレートを選択 から、Meta 広告 Conversion API でコンバージョン補完をする(v1)を選択し、決定ボタンを押してください。

2.送信先の広告API

  • 広告媒体は、「広告APIの設定」で作成したものを選択します。
  • 独自にデータをハッシュ対応済み
    • KARTEに既にハッシュ化された個人情報データを連携している場合に利用します。
    • ハッシュ化のルールが媒体側の規定に沿っているか確認してください。

3.配信パラメータ

下記を参考に、配信パラメータを設定してください。

パラメーター名 説明
facebookのイベント名 Meta広告のイベントマネージャー>データソースを確認し今回利用するイベント名を指定してください。
コンバージョンが発生した地点 コンバージョンが発生した地点を指定してください。
◯時間前までのデータを利用する 媒体に送信するデータを作成するための期間を抽出します。
現在から[入力された時間]前までの期間が抽出されます。24時間以内に送信することを推奨します。
個人情報のハッシュ化 独自に個人情報データをハッシュ対応している場合は、「個人情報をハッシュ化している」を選択してください。
広告接触から対象イベントまでの日数 アトリビューションウィンドウです。
広告接触から[入力された日数]以内であれば対象イベントを送信します。
外部ID 外部IDを送信したい場合は、「送る」を選択してください。
「KARTEのuser_id」が外部IDとして連携されます。
媒体ユーザー識別情報 個人情報が存在しない場合に、データを連携したくない場合に、「連携しない」を選択します。

4.利用するデータ

コンバージョンデータ

  • Meta広告に送信するコンバージョンデータを抽出します。
  • 利用するデータ
    • KARTEデータ/イベントデータを選択してください。
  • KARTEイベント
    • コンバージョン補完に利用するKARTEイベントを選択してください。
      ※相対日時で指定する、データ利用日数は変更しないでください。
  • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。
    フィールド名 必須 推奨 説明
    user_id ユーザーID
    KARTEのuser_idを選択してください
    transaction_id イベントの重複除外用ID
    重複除外設定で送信した項目を選択してください
    sync_date ※自動で取得されるため、変更不要です。
    revenue コンバージョン値
    値を送りたい場合に、選択してください。
    items 製品IDと製品に関する情報
    イベントの付加的な情報を送りたい場合に、選択してください。
    session_id ※自動で取得されるため、変更不要です。
    pv_id ※自動で取得されるため、変更不要です。

fbc(クリックID)

  • Meta広告に送信するfbc(クリックID)のデータを抽出します。
  • 作成ボタンを押したのち、何も変更せずに保存ボタンを押してください。

fbp(ブラウザーID)

  • Meta広告に送信するfbp(ブラウザーID)のデータを抽出します。
  • 作成ボタンを押したのち、何も変更せずに保存ボタンを押してください。

IPアドレス/ユーザーエージェント

  • Meta広告に送信するIPアドレス/ユーザーエージェントのデータを抽出します。
  • 作成ボタンを押したのち、何も変更せずに保存ボタンを押してください。

個人情報データ

  • Meta広告に送信する個人情報データを抽出します。
  • 利用するデータ
    • identifyイベントで個人情報データを取得している場合は、KARTEデータ/ユーザーマスタを選択してください。
    • 外部から連携している場合は、外部データから該当のデータを選択してください。
  • 必要に応じて、カラムマッピング、データを絞り込みを実施してください。
  • 保存ボタンを押すと、利用するデータのサンプルが表示されますので、意図通りのデータが抽出できているか確認してください。
    フィールド名 必須 推奨 説明
    user_id ユーザーID
    KARTEのuser_idを選択してください
    email メールアドレス
    phone 電話番号
    first_name 名前
    last_name
    gender 性別
    man,male,m,1,男,男性,M/woman,female,f,2,女,女性,Fの表記を用いて連携してください
    birthday 誕生日
    date型で連携してください
    pref 州/都道府県
    city 市区町村
    zip_code 郵便番号
    country 国コード
    設定がない場合は「jp」が固定で連携されます
    street_address Metaへの連携には使用しないため、設定不要です

5.送信スケジュール

  • 定期的に連携する場合は、繰り返し実行有効にするにチェックを入れて、実行間隔を設定してください。
  • 利用するデータで外部データを利用している場合は、その連携頻度/連携時間に合わせて設定してください。
  • Meta社で推奨されている期間については、Meta広告ヘルプページをご確認ください。

6.送信

  • 下書き保存ボタンをクリックした後、データを取得ボタンを押すと、実際に連携される件数とデータが確認できます。
  • 確認して問題なければ、送信ボタンを押してください。

送信確認

  • Meta広告ビジネスマネージャーからイベントマネージャーを開きます
  • コンバージョン補完対応のピクセルを選択し、イベント一覧から接続方法を確認
  • 接続方法がサーバーまたはブラウザ・サーバーになっているイベントが存在すれば接続は完了です
  • イベント送信状況の確認事項は、Meta公式サイトよりご確認ください。

null

イベント送信から反映まで1時間程度かかる場合があります
  • イベント概要画面を確認し、サーバーイベント数の方が多くなるもしくはブラウザーとサーバーは同じぐらいになっていれば、一般的には正しくコンバージョン補完対応できているといえます。

  • コンバージョン補完のモニタリングの観点は、Meta広告ビジネスヘルプセンターをご参考にしてください。