KARTE 公式の Slack Talk アプリを導入することで、エンドユーザーとのチャットを slack 上で行うことができます。もちろん、slack アプリをモバイル端末にインストールすることでモバイル端末からメッセージの返信なども可能となります。
※ご利用には KARTE Talk をご契約している必要があります。

実現できること

slack アカウントと KARTE オペレーターの紐付け

エンドユーザーからのメッセージが送信されてきたときに、 slack アカウントに対してメンションをつけることができます。
また、slack からエンドユーザーに、オペレーターとしてメッセージを送信することができます。

メッセージの受信

連携したチャンネルIDのSlack Channelに対してKARTE Talkの内容が投稿されます。

メッセージ・ノートの送信

対象ユーザーのスレッド内でreplyすることで、エンドユーザーへのメッセージ送信が可能です。

  1. 「```」で文章を囲んだ場合、メッセージとして 送信されます
    例: ```${reply_message}```
  2. 「```」で文章を囲まなかった場合、ノートとして 送信されます
    例: ${reply_message}

設定方法(全体)

1. KARTE側の初期設定

「Slack Talk」プラグインのインストールをしてください。(プレイドへ依頼が必要)
「ストア > アプリ設定」よりOAuth設定してください。
※SlackワークスペースにKARTE公式のSlack App(KARTE TALK)がインストールされます

2. Slack側の初期設定

KARTE Talkを連携したいChannelにて「Channelの[詳細 > その他 > アプリを追加する]」からKARTE公式のSlack App(KARTE TALK)を追加してください。
※SlackワークスペースにインストールされたKARTE公式のSlack App(KARTE TALK)がChannelに追加されます

3. KARTE Talkの外部アカウント連携設定

「トーク設定」のSlackアカウント連携設定より、必要な項目を設定してください。

  1. Slack Talkをslackに通知したい場合
    「チーム設定」で Slack連携を有効化 と 連携チャンネルID を設定してください。
  2. Slack Talkをslackからreplyしたい場合
    「チーム設定」で Slackでのthread内返信を有効化をしてください。

4. 連携確認(slack通知)

連携したチャンネルIDのSlack Channelに対してKARTE Talkの内容が投稿されているか確認してください。
※チャットはユーザー毎にthreadでまとまって表示されます

5. 連携確認(slack reply)

「KARTE Talkの外部アカウント連携設定」の確認をするために「トーク設定 > Slackアカウント連携設定 > 個人設定」でご自身の SlackメンバーID を設定してください。
threadにreplyした時に連携したKARTEアカウントでチャット返信されているか、KARTE チャットで確認してください。

6. トラブルシューティング

次の項目を確認してください。

  • 「チャット」プラグイン、「KARTE Talk」プラグイン、「Slack Talk」プラグインがインストールされているか
  • 「Slack Talk」プラグイン設定でOauth設定されているか
  • 連携したいSlack ChannelにKARTE公式のSlack App(KARTE TALK)が追加されているか
  • 「トーク設定 > Slackアカウント連携設定」が意図したものであるか

設定方法(個人)

1. KARTE Talkの外部アカウント連携設定

「トーク設定 > Slackアカウント連携設定 > 個人設定」でご自身の SlackメンバーID を設定してください。

2. 連携確認(slack reply)

threadにreplyした時に連携したKARTEアカウントでチャット返信されているか、KARTE チャットで確認してください。

3. トラブルシューティング

次の項目を確認してください。

  • 「トーク設定 > Slackアカウント連携設定 > 個人設定」で設定した SlackメンバーID が意図したものであるか