イベントにライフサイクルが導入され、タグ・SDK・スクリプトで発生するイベントでも、管理画面側の設定で計測状態を管理できるようになりました。

このドキュメントでは、ライフサイクル関連機能の概要や設定方法について説明します。

イベントの状態

イベントは計測(イベントログへの出力)と解析(接客やセグメントの判定に使えるようユーザーデータに集計)の有無によって以下の3状態に分類され、管理画面から状態を切り替えることが可能です。

  • 解析する (=計測も解析もする)
    • 通常の状態。ユーザーストーリーなどにイベントログとして出力され、接客やセグメントの判定にも使用できる。
  • 解析しない (=計測はするが解析しない)
    • ユーザーストーリーなどにイベントログとして出力されイベントの発火確認はできるが、接客やセグメントの判定には使用できない。(解析しないイベントで利用可能な機能の詳細はこちらを参照ください)
  • 計測しない (=計測も解析もしない)
    • タグやSDKでKARTEにそのイベントを送っていても、KARTE側では無視される。

例えば、以下のように使い分けることができます。

  • タグ等からの送信が続いているイベントを管理画面の設定だけで強制的に停止したい場合: 計測しない
  • イベントログをDatahubで分析したいがKARTE上での接客やセグメント判定には利用しない場合: 解析しない

null

また、どの状態のイベントもアーカイブと削除 を行うことができます。

  • アーカイブ: セグメント・配信トリガー等の各種条件の選択肢やイベント一覧画面にイベントが表示されなくなる。
    • 「解析する」「解析しない」状態のイベントをアーカイブした場合、タグ・SDK・スクリプト等から送信が確認された時点でアーカイブが自動解除されます。
    • アーカイブは手動で元に戻すことも可能です。
  • 削除: イベント設定やスキーマが完全に削除される。
    • 削除後に再度イベントが送信されると、未設定の新しいイベントとして扱われます。

従来は「解析する」とそのアーカイブ状態のみが存在していました。

対象イベント

ライフサイクルの適用対象となるのは、イベント一覧で「カスタムイベント」以下の「タグ・SDK・スクリプトで発生」に分類されているイベントです。
(参考: イベント一覧画面でのイベントの分類

フィルターイベント・遅延イベント・ビジュアルイベント等は本ドキュメントに記載のライフサイクル対象外です。
ただし、これらはタグ等ではなく管理画面側の設定によって発生するイベントのため、従来より削除・アーカイブ機能によって計測を止めることが可能です。

状態の変更方法

イベントの詳細画面右上の「・・・」をクリックすると、現状態に応じて「計測しないイベントにする」「解析しないイベントにする」「解析するイベントにする」等の項目が表示されます。

表示されない場合、そのイベントはライフサイクルの適用対象ではありません。
本ドキュメント内の「対象イベント」の項をご確認ください。

null

クリックすると確認モーダルが表示され、そのまま続行すると状態の変更が行われます。
解析しない, 計測しない 状態のイベントにはラベルが表示されます。

null

「対応未設定のイベント」

本機能は、2022-05-01以降に新規開設したプロジェクトでのみ有効で、それ以前のプロジェクトでは、新規に送信されたイベントは従来通り自動で「解析する」状態となります。
こちらの機能を既存のプロジェクトでもONにしたい場合、サポート担当までご連絡ください。

新規に送信されたカスタムイベントは、対応未設定のイベントとして扱われ、イベント一覧に対応未設定のイベントという項目が表示されます。
※KARTEで定義されたイベント・イベントストアからインストールしたイベント・事前に管理画面からスキーマを作成したイベントは、自動で解析する状態となります。

null

これらのイベントの挙動は暫定的に「解析しない」と同じ状態になっているため、状態の変更方法を参考に、イベントの用途に応じた状態を設定してください。
例えばセグメントや配信トリガー等の各種条件にイベントを使用したい場合、「解析する」状態に設定する必要があります。「解析しない」「計測しない」状態に設定して利用したり、間違って送信したイベントの場合はそのまま削除することも可能です。

null

タグ・SDK・スクリプトから新規に送信したイベントが一時的に「対応未設定のイベント」として扱われることにより、いったんイベントが正しく送信できているかを確認してからイベントの利用をはじめることが可能になります。