管理画面で「イベントを計測しない条件」を設定すると、特定のフィールドが事前に設定された条件を満たす場合に限ってイベントの計測を行わないようにすることが可能です。

「イベントを計測しない条件」とは

「イベントを計測しない条件」は、フィールドとその値(複数指定可)を条件として設定します。KARTEに送信されたイベントのうち、その条件を満たすものに限ってイベント自体の計測がスキップされます。

計測されなかったイベントはログに出力されず、接客やセグメントの判定も行われません。

いずれかのフィールドが条件を満たした場合、そのフィールドだけではなく、条件を満たすイベント自体が計測されなくなります。

sample イベントの計測しない条件として field1 フィールドの値 value1, value2 を設定した場合、送信された sample イベントの挙動は以下のようになります。

  • field1value1, value2 のいずれかの場合
    • → イベントが計測されない
  • field1value1, value2 以外の場合(field1 が送信されなかった場合も含む)
    • → イベントは従来通り計測される

設定方法

イベント詳細画面右上の「…」ボタンから「計測しない条件を設定」をクリックします。

イベント種別によってはこのメニューが表示されず、 「イベントを計測しない条件」を設定できない場合があります。後述の「制約」を参照してください。

null

表示されたモーダルで「フィールドを追加」ボタンをクリックし、フィールドの選択との入力を行い、「保存」ボタンをクリックします。

null

設定した条件はイベント詳細画面の「情報」タブから閲覧できます。
null

制約

  • 本機能を使用できるイベントは、イベント一覧画面の分類タグ・SDK・スクリプトで発生に分類されているイベントに限ります。
    • タグ・SDK・スクリプトで発生は「KARTEで定義されたイベント」と「カスタムイベント」以下にそれぞれ存在し、いずれの場合も使用可能です。
  • 条件に指定できる値は文字列のみです。指定したフィールドに数値や真偽値が収められている場合、文字列に変換して条件と比較されます。
  • 条件に指定できる値は1フィールドあたり最大20個です。
  • 条件に指定できるフィールドは全イベント合計で最大20個です。