KARTEでは、負荷対策の問題から一部のKARTEが自動で発生させるイベントについて、解析がされないようになっています。

解析されない主なイベント

イベント名 説明
script_fired スクリプト配信実行
_message_ready 接客サービスの表示準備
_message_state_changed 接客サービスの状態変化
_message_suppressed 接客サービスの表示抑制

解析されないイベントの特徴

できないこと

解析されないイベントを、次の機能で利用することはできません。

  • セグメントの条件
  • 接客サービスのトリガー
  • フィルターイベントの条件
  • ユーザー情報変数

できること

通常のイベントと同じく、次の機能では利用できます。

  • ユーザーストーリー画面での表示
  • レポートでの利用
  • イベント画面での情報閲覧
  • Datahubでのクエリ抽出