概要

KARTEからMarketoにユーザー情報を連携する際の前提・設定方法・及び確認方法について説明します。
KARTEのスクリプト配信からMarketoの「MunchkinAPI」を叩いて、情報を連携する形になります。

Munchkin APIの詳細については、http://developers.marketo.com/javascript-api/lead-tracking/api-reference/を参照してください。

前提

連携設定方法

プラグイン設定で「Munchkin API 秘密キー」をセットして下さい。
null

Munchkin API 秘密キーは、Marketo管理画面で、管理>Munchkin>API構成で確認できます。空欄の場合は任意のキーを設定していただいて問題ありません。 

上記を行うことによってMarketoリード連携時に、marketo_hashというデータを取得します。リード情報の更新には、このmarketo_hashが必要です。

リード情報を更新する接客サービスの設定手順

対象ユーザー

  • 全員に配信(特にユーザーを絞る必要がなければ)

アクション

  • リード情報連携用のスクリプトを接客サービスで実行します。このスクリプトは、テンプレート一覧>スクリプト(KARTE to Marketoユーザー情報連携スクリプト)から選択可能です。
  • 以下は、Marketoリードのメール、ファーストネーム、ラストネームを、KARTEのユーザー情報で更新するスクリプトのサンプルです。Marketoの任意のフィールドを同様の形式で追加することで更新することができます。Emailmarketo_hashは必ず指定してください。
    if(window['Munchkin']){
        Munchkin.munchkinFunction('associateLead', {
                "Email": [[email]], // 必須
                "FirstName": [[FirstName]],
                "LastName": [[LastName]]
            }, [[marketo_hash]] // 必須
        );
    }

※1 FirstName, LastNameなどのフィールドは、MarketoのフィールドのAPI名(SOAP API名)です。API名のリストの確認方法はこちら
※2 [[email]]、[[FirstName]]、[[LastName]]、[[marketo_hash]]は、KARTEのユーザー情報を変数で指定しています。詳しくは、アクション内での変数の利用を参照してください。

対象イベント

  • 全体(特に指定がなければ)

公開設定

  • アクセスごとに配信