概要

LINEの接客サービスで発生しているTalkメッセージ送信失敗talk_message_fail)のフィールド名:errorError: statusCode is not 200を含む記載がある場合は、LINEのMessageing APIのエラーレスポンスが記載されています。
null

接客サービスを表示message_open)が発生していないユーザーに、Talkメッセージ送信失敗が発生することは通常ありません。
※ 配信対象のセグメントに入っていない、接客アクションに不備がある場合などは、接客サービスを表示が発生しません。

エラーレスポンス(抜粋)の内容と原因例

  • The request body has X error(s)
    リクエストボディのJSONデータにエラーがあった場合に発生します。Xの部分にエラーの数が表示されます。
    詳細はdetails[].messageプロパティとdetails[].propertyプロパティに含まれます。
    LINEの接客アクションはJSONで作られているため、接客アクション部分に不備がある場合などが考えられます。

  • Invalid reply token
    LINE内のイベント(LINE友だち追加,LINEメッセージなど)を配信トリガーとしたイベント応答メッセージで、使用された応答トークンが無効な場合に発生します。
    LINE内の同一アクションに対して複数のイベント応答を設定されている場合や、reply tokenの有効期限が切れている場合などが考えられます。

  • The property, XXX, in the request body is invalid (line: XXX, column: XXX)
    リクエストボディに無効なプロパティが指定されていました。XXXの部分に具体的な行と列が表示されます。
    接客アクション部分に不備がある場合などが考えられます。

  • The request body could not be parsed as JSON (line: XXX, column: XXX)
    リクエストボディのJSONデータを解析できませんでした。XXXの部分に具体的な行と列が表示されます。
    LINEの接客アクションはJSONで作られているため、アクション部分に不備がある場合などが考えられます。

  • The content type, XXX, is not supported
    APIでサポートされていないコンテンツタイプがリクエストされました。

  • Authentication failed due to the following reason: XXX
    APIが呼び出されたときに認証に失敗しました。XXXの部分に理由が表示されます。

  • Access to this API is not available for your account
    実行権限がないAPIを呼び出した場合に発生します。

  • Failed to send messages
    メッセージの送信に失敗しました。
    指定したユーザーIDが存在しない場合などにこのエラーが発生します。
    KARTE側で認識している plugin_line_identifysubscribe : true の状態が異なる場合やユーザーがLINEを退会していることなどが考えられます。

より詳細は LINE APIリファレンス をご覧ください。