LINE チャンネル設定

line developers にてチャンネルを作成してください。
作成いただくチャンネルのタイプは Messaging APILINEログイン の2種類になります。

チャネル作成手順の詳細は LINE Developersコンソールの概要 をご覧ください。

Messaging APIの設定
「Messaging API設定 > Webhook設定」で以下を設定してください

  • Webhook URL
    https://t.karte.io:443/hook/#{APIKey}/line/line_message を追加してください。
    #{APIKey} には KARTEの APIキー を設定してください
  • Webhookの利用
    有効にしてください。

参考: Messaging API > ボットを作成する

LINEログインの設定
「LINEログイン設定 > コールバックURL」に https://ext-auth.karte.io/oauth2/line/callback を追加してください。

参考: LINEログインを始めよう

KARTE プラグイン設定(LINE)

KARTEの「ストア > アプリ設定 > LINE」で以下を設定してください。

Messaging APIチャネルのChannel ID
Messaging APIチャネルの チャネル基本設定 > チャネルID の値(line developers で確認できます)

Messaging APIチャネルのChannel Secret
Messaging APIチャネルの チャネル基本設定 > チャネルシークレットの値(line developers で確認できます)

Messaging APIチャネルのチャネルのアクセストークン
Messaging APIチャネルの Messaging API設定 > チャネルアクセストークン の値(line developers で確認できます)

顔画像と名前をLineから取得するかどうか
ユーザーがLINEのプロフィールに登録している名前プロフィール画像を取得します。
取得する際は 有効化 にチェックを入れてください。

クリックトラッキングの制御
KARTEから送信したLINEメッセージ内のURLをクリックしたことをイベントとして計測します。
また、LINE IDと遷移先のブラウザのvisitor_idを紐づけることも可能です。

以下3つのモードが存在します。

  • クリックは計測するがユーザーの統合は無効にする
    KARTEから送信したURLのクリックの計測のみを行う場合はこちらを選択してください。
  • クリックの計測とそれに伴うユーザーの統合を有効にする
    ユーザーに許諾を取った上で、クリックトラッキングによりユーザー情報を統合する場合はこちらを選択してください。
    「LINE公式アカウントAPI利用ルール」に基づくエンドユーザーからの許諾を取得するようにしてください。
    詳細は クリックトラッキングでLINE IDとユーザーIDを連携させる(非推奨) を御覧ください。
  • 無効にする
    こちらの機能を利用しない場合はこちらをせんたくしてください。

LINEログインチャネルのChannel ID
LINEログインチャネルの チャネル基本設定 > チャネルID の値(line developers で確認できます)

LINEログインチャネルのChannel Secret
LINEログインチャネルの チャネル基本設定 > チャネルシークレット の値(line developers で確認できます)

LINEログイン後にBOTの友達追加への遷移させるかどうか
KARTEのLINEログイン機能でユーザーがLINEログインした際に、LINEログイン処理の途中で友だち関係を取得するAPIを利用し、友だちでなければ下記で設定したBOTの友達追加へのURLに遷移させることで友だち追加を促すことができます。

BOTの友達追加へのURL
Messaging API > LINE公式アカウントをユーザーとシェアする に従って作成してください。