概要

LINEログイン を利用した接客サービスを使い、ユーザーID(user_id/visitor_id)LINE IDを紐つけることができます。
接客サービスは 接客サービス作成の流れ に従って作成してください。

ユーザーへの許諾
自社の会員情報や顧客データ、またはサイト内行動履歴等とLINE IDを紐付けて利用する場合はユーザーに許諾を取ってください。

使用するテンプレート

テンプレート ユーザーに「届ける」 > LINEより使用したいタイプ(メッセージタイプ)のテンプレートをご選択ください。

接客サービスの設定項目

LINEログインページの設定
ログイン誘導のUI(ボタンやリンク)に紐付けるリンク先のURLの項目にプリセット変数[LINE_LOGIN_URL]を設定してください。

LINEログイン後にリダイレクトするページの指定
LINEログイン後にリダイレクトさせたいページがある場合は接客アクション内で静的変数redirect_urlを設定してください。

未指定の場合はReferrerの情報を利用して元のページにリダイレクトされます。

redirect_url未指定でReferrerが非送信の設定がされてるブラウザからアクセスされた場合、ログインに失敗します。

LINEログインした場合のユーザー側の画面遷移

  1. ①LINEログインの接客サービスをクリック/タップすると、②LINEの認証画面https://access.line.me/xxxx)に遷移します
    ※ 同じブラウザでLINEログインしたことがある場合は 「次のアカウントでログイン」という表示がなされます。

  2. ユーザーがLINEに登録しているメールアドレス/パスワードを入力すると、「ログイン」ボタンが緑色になり有効化されます

  3. 「ログイン」ボタンをクリックすると、③ 同意画面に遷移します

  4. 同意するをクリック/タップすると、LINEログインが完了し、接客アクションで設定した静的変数redirect_urlで指定したページ(未指定時はReferrerの情報を利用して元のページ)にリダイレクトされます
    ※ この時点でvisitor_idとの統合が完了し、ブラウザがすでにメンバーとして認識されている場合はLINE IDがメンバーに統合されます。

Palet 02.001

LINE Botの友だち追加を促したい場合
プラグイン設定で LINEログイン後にBOTの友達追加への遷移させるかどうか を有効化してください。
詳しくは LINE連携 - 初期設定 をご参照ください。

友だち追加時にメッセージを配信したい場合
LINE 友だち追加時あいさつの設定 をご参照ください。

シナリオ例

LINEのトーク内でLINEログインを実装したい場合(非推奨)

LINEのトーク内でLINEログイン(リッチメニューやLINE@Managerでの一斉送信によるもの)を実装したい場合は、専用のURL Schemeにて実装することが可能です。

URL Schemeは弊社側で発行が必要となるため、ご利用の際は弊社の営業担当にお問い合わせください。
なお、URL Schemeを利用する場合はKARTEに連携しているLINEアカウントがLINEログイン(Webログイン) v2.1に対応している必要があります。