HARファイルとはなんですか?

WebブラウザとWEBサイトの対話をログに記録するためのアーカイブファイルです。

なぜHARファイルが必要になるのですか?

ネットワークが起因となるトラブルでは、皆さまのお手元でしか確認できない事象が発生している可能性があるためです。
KARTE開発チームの手元でお問い合わせの事象が再現できない場合、HARファイルの作成と作成したデータの共有をお願いすることがあります。

また、原因究明のためブラウザ(Chrome)内で発生したネットワーク要求に関して、その事象が発生している時にHARファイルを取得いただく必要があります。

HARファイルの取得手順

注意事項:

  • HARファイルには、取得時にダウンロードしたWEBページのコンテンツやCookie等の機密データが含まれています。お客様にてご検討・ご了承のうえ、サポート窓口へデータをご提供ください。

  • KARTE管理画面の閲覧は、Google Chromeを推奨しています。そのため、このドキュメントではChromeでの確認方法のみ記載しています。

  • KARTE管理画面の動作環境についてはこちらをご確認ください。

  • GoogleChoromeでは、現在発生している事象のみHARファイルに保存することができます。過去のログデータをさかのぼることはできません。

取得手順

null

  1. Google Chromeにて、事象が発生しているWEBページを開きます。

  2. Chromeのメニューバー()から「その他のツール(L)」>「デベロッパーツール(D)」を選択します。

  3. 開いたパネルから「ネットワーク(Network)」タブを選択します。

  4. タブの左上にある丸いRecordボタンが赤であることを確認します。
    ※丸いRecordボタンが赤の場合は記録が開始されている状態で、グレーの場合はクリックして記録を開始する必要があります。

  5. 「Preserve log」ボックスを確認し、チェックを入れてください
    ※「Preserve log」ボックスにチェックがない場合、WEBサイトにてリダイレクトが起こった際に、リダイレクトする前のデータが記録されません。

  6. 「Disable cache」ボックスを確認し、必要に応じてボックスチェックの可否を決めます。
    ※「Disable cache」ボックスにチェックがある場合、WEBページのリロードの度にキャッシュがクリアされ実行されます。

  7. Clearボタン(※画像中②)を選択し、ネットワークタブから既存のログをすべて削除します。

  8. ネットワーク要求の記録中に、事象を再現します。

これにより事象発生時のブラウザとWEBサイトの応答のログを取得できます(HARファイル)

取得したHARファイルのデータ送付方法を教えてください

  • HARのご提供をお願いする際に、宛先のメールアドレスをお伝えいたします。なお、現在の仕様ではKARTEサポートチャットに添付データでお送りいただくことはできません。