接客サービスの接客数やゴール数について、下記のように「数字+数字」の形式で表示される場合があります。
null

この、上の数字を「確定値」、下の数字を「速報値」と呼びます。

この形式で表示されるのは、接客サービスのゴール設定が以下の場合です。

  • ゴール機能のゴールが設定されている
  • 効果計測期間が、1日以上

ゴール機能のゴールの場合、効果計測期間が1日以上に設定すると、接客数、ゴール数がすべてUU数(人数)としてカウントされます。これは、効果計測期間内に一人のユーザーの複数セッションで接客が出たりゴールしたりするので、ユーザー単位の集計でないと効果の比較が難しいためです。
ただし、実際に接客が配信され、ゴールした際、その情報はその時点ではユーザー数として一意にカウントされてはおらず、同じユーザーのイベントが重複カウントされている状態です。
1日の配信結果が確定したあと、ユーザーのマージ等も考慮して、ユーザー数として集計されます。

この処理の中で、「その時点ではユーザー数として一意にカウントされてはおらず、同じユーザーのイベントが重複カウントされている状態」の数字を速報値、「1日の配信結果が確定したあと、ユーザーのマージ等も考慮して、ユーザー数として集計されます」の数字を確定値と呼んでいます。

この2つの数字は以下のような性質を持ちます。

  • 確定値:今後変動することのない値。単位は人。効果計測等、正確な数値が必要な場合に使用する。
  • 速報値:今後重複除去されて数字が小さくなる可能性がある値。単位は回(セッション数)。接客が正しく配信されているか、設定したゴールが計測できているかを確認する際に使用する。

現在のKARTEの仕組み上、当日配信された結果は、翌日以降に確定値としてカウントされ、それまでは速報値側にカウントされます。
速報値は、数分毎に更新されていきます。