エンドユーザーとのコミュニケーションを行う時に該当ユーザーの過去行動を確認する方法を紹介します。

トーク画面上で行う方法と、該当のユーザーの行動詳細(ユーザーストーリー画面)に遷移して確認する方法の2種類があります。

トーク画面上でユーザー行動を確認する

エンドユーザーの発言横の「・・・」から「ユーザータイムラインを表示」を選択、または会話右上の操作メニューからタイムラインを表示させることができます。

この「タイムライン」では発生イベントを時系列で確認できます。また、別タブの「ユーザー情報」ではユーザーが該当するセグメントなどストーリー画面の左側パネルと同じ情報を確認できます。

タイムラインは、会話をしている相手が今何をしているかをすぐに把握できる機能です。
チャット応対中にさっと確認したいときなど細かめな情報確認に向いている機能です。

null

ユーザーストーリー画面で確認する

前述のユーザー情報内のユーザーID部分(テキストリンク)からストーリー画面に遷移することができます。

null

null

遷移したユーザーストーリー画面では最新の状態が表示されます。
確認したいログが過去にある場合はストーリーを遡ったり、確認したい特定のイベントがある場合は必要なイベントを常時表示させておくことが必要となります。

こちらはトーク画面上のタイムラインでの行動確認よりも詳細にイベントの値や特定日の行動を確認することができるため、該当ユーザーの特定行動を詳しく知りたい・調査する必要があるときなどに向いている方法です。