商品の評価(★でのレビュー評価)を取得し、その商品ページ上に評価結果(結果は事前に集計)を表示します。
簡易的な商品レビューに利用が可能です。

null

はじめる前に

以下の準備が事前に必要になります。

利用の手順

接客シナリオのインストール

  • ストアから接客シナリオのインストールを行ってください。
  • 2種類の埋め込み用(PC用/SP用)がインストールされますので利用意図に合わせてをご利用ください。

null

接客サービスのテスト配信

アクションの設定

  • 「ヘッダーテキスト」に任意のテキストを入力します
  • 「スタイル」フォルダ内でカラーやアイコンを変更できます。
  • 「アンケート説明/サンキューのステート/満足度結果のステート/バーグラフ/星の設定」に任意のテキストを入力します
  • 「アクションテーブル」フォルダ内で集計結果を参照するテーブルを指定します。
    • テーブルID 例:evaluation_survey
    • クエリ 例:extract_specific_item_id
      ※この手順ではテスト配信のためSkipをしてください。
  • 「埋め込み設定」より埋め込む箇所をご指定ください。

一度、設定後にテスト配信(item_reviewイベントの発火)を実施してください

Datahubの設定

  • 事前にテスト配信を行い結果を出力しておいてください。

クエリの設定、結果を集計する

  • クエリコレクションから実施する結果集計用のクエリをインストールする
    • Datahub管理画面→「クエリ」画面に遷移します。
  • 左上の「作成」→「コレクションから作成」を押下
    null
  • やりたいことから探す→「商品レビューの集計」を選択

null

  • パラメータ設定から以下を設定する
    • 抽出期間 例:接客開始 ※この手順ではテスト配信日時を含めてください。
    • 接客サービス 例:上記でテスト配信した接客サービス名を選択
  • 右上の「クエリを実行」して結果が返ってくるか確認します。
    null

アクションテーブルを作成する

  • グローバルメニューのアクションテーブル画面右上の「作成」→「空のテーブルを作成」をクリック
  • 以下の設定を行います。
項目 内容
テーブル名 任意ですが、今回は evaluation_survey と指定
スキーマ指定 クエリ結果のカラムを指定します(以下「アクションテーブルのスキーマ指定」を参照)
権限 今回は参照のみなので「ウィジェットからの参照」にチェック

null

アクションテーブルのスキーマ指定

フィールド名
primary_key(主キー) 文字列
item_id 文字列
value 数値
count 数値

アクションテーブルにクエリ結果をエクスポートする

  • グローバルメニューのジョブフロー画面右上の「作成」をクリック
  • ジョブ設定画面から以下を設定し、右上の「保存して完了」をクリック

ジョブの設定

項目 内容
ジョブ名 結果をアクションテーブルへ
ジョブタイプ データテーブルからインポート
エクスポート元 先ほど作成したクエリ結果
エクスポート先 先ほど作成したアクションテーブルを選択

実行方法を選択

  • 「スケジュール実行を有効にする」にチェック
  • 「繰り返し実行を有効にする」にチェック
  • 実行頻度の設定を行う
    • 連携頻度は毎日を推奨しています。

null

ジョブフローの設定

  • 「ジョブ実行終了後にアーカイブ」チェックなし
  • ジョブフロー名:任意
    • ジョブが一つの場合は「先頭のジョブ名を流用」するのを推奨しています。
  • 右上の「今すぐ実行」をクリックするとジョブが実行されます。
    • ※ジョブの終了までに5分ほど時間がかかります。
  • ジョブが「実行済み」になっていることを確認します。

アクションテーブルクエリを作成する

  • 作成したアクションテーブルを選択し、画面右の「作成」をクリック
  • 以下の設定を行う
    • クエリ名:任意ですが、今回はextract_specific_item_idと設定
    • 抽出条件:
      • Limit:100
      • Filter:item_id=#{item_id}

null

これでアクションテーブルクエリの作成は完了です。

接客サービスの設定

上記で、設定したアクションテーブルを参照します

  • 「アクションテーブル」フォルダ内で集計結果を参照するテーブルを指定します。
    • テーブルID 例:evaluation_survey
    • クエリ 例:extract_specific_item_id

その他、対象ユーザーや対象イベントを設定してご利用ください。
商品ページにアクセス毎に配信することを推奨しております。